主婦は借りられない?

11月24日、日本貸金業協会があるアンケート結果を発表しました。
それは専業主婦を対象にしたものです。2010年6月に改正貸金業法が完全施行されると、専業主婦が融資を申し込む際には、夫の同意書や年収証明書の提出 が義務付けられます。なぜなら「夫婦の年収を合算した額の3分の1以下」しか融資できないからです。

アンケートの結果によると、約半数の主婦が「同意書や年収証明書の提出はむずかしい」「借り入れはやめる」と答えたそうです。借り入れをしている主婦のう ち38%が、夫に打ち明けていないといいます。「同意書や年収証明書の提出はむずかしい」理由としては、借り入れを知られると「気まずくなる」からが半数 を超えていました。

一方、貸金業者側も約85%が「同意書などがあっても主婦に融資しない」と回答しています。その理由は「夫婦の年収を合算した額の3分の1以下」への対応がむずしいからだといいます。これでは、専業主婦が融資を受けることは非常に困難になってきます。

夫に知られず金策したいとき……専業主婦はこれからどうしたらいいのでしょうか?
まちがってもヤミ金には手を出さないでもらいたいものです。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2010年2月12日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑