バンク系ノンバンク???

今回のコラムは基本にもどって「そもそも消費者金融って何?」というところをお届けしたいと思います。最近目立って増えてきたのが「銀行系消費者金融」です。これは、グレーゾーン金利の廃止がきっかけとなった業界再編の影響といえるでしょう。

業界再編の流れは、消費者金融業界に限ったことではありません。銀行はもちろん、百貨店や食品メーカーなどの資本提携や合弁などは、かなり前から進んでいましたね。そして今は、世界規模で金融業界の再編が活発化しています。消費者金融業界をクローズアップすると、大手銀行と手を結ぶことにより、資金面の調達がしやすいというメリットがあり、経営の安定化をはかれるわけです。

ところで、銀行系といっても消費者金融であることには変わりません。つまり「ノンバンク」です。銀行とノンバンクの大きなちがいは、銀行は企業や個人など から預金を集めて、そのお金を融資の資金として活用します。一方、ノンバンクは融資を行う資金を銀行などから借りています。さらに、1万~50万円を中心 とした小口融資が大半で、また無担保融資が中心となっています。

ですから「○○銀行グループの消費者金融」といっても、消費者金融であることには変わりありません。ただ、特徴のひとつとして、融資の限度額を高く設定し ているところが多いようです。「バンク系ノンバンク」なんて、よく考えるとちょっとおもしろいですが、お金を借りたいときに大切なのは「銀行系かそうじゃ ないところか」ではなく、自分のニーズに合っている企業を選ぶことです。特に、利息は企業によってちがってくるのでしっかりと確認しましょう。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2009年3月13日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑