改正貸金業法が施行!

2007年12月19日、ついに改正貸金業法が施行されました。この改正法の内容は、大きく3つに分けられます。
①上限金利の引き下げ=グレーゾーン金利の廃止
②過剰な融資の規制
③貸金業者の適正な取り組み
です。

ただし、法が施行されたからといってすぐに全てが変わるわけではなく、段階的に進められ、2010年6月までに完全施行となります。ここでもう一度、利用者に直接関係してくる①と②について簡単におさらいしてみましょう。

①上限金利の引き下げ=グレーゾーン金利の廃止
これまでの金利は、利息制限法と出資法の2つの法律で規制されていました。ただし実際には、高利である出資法の29.2%が上限とされていました。これが下記のようになります。
10万円未満の融資= 20%
10万円以上100万円未満の融資= 18%
100万円以上の融資= 15%

※ただし完全施行となるまで上限金利29.2%は有効なため、グレーゾーン金利はまだ生きている状態です。すでに金利を下げている企業もあるので、利用者の見極めが大切になってきます。

②過剰な融資の規制
利用者が多重債務とならないように、融資額の上限が決められます。基本的に、年収の3分の1を超える融資は禁止となるため、すでに3分の1を超えている人は融資を受けられないことになります。
このため、「借りられない人が増える→ヤミ金のターゲットになる」ことが懸念されています。

2008年も、貸金業界は大きな動きを見せそうですよ!

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2008年5月23日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑