【クレジットカード】ブラックリストに載る原因と対策

新年度になると、新たにクレジットカードを作る新社会人も多いでしょう。

そこで、気になるのがブラックリスト。

何をすればブラックリストに載るのか、一度ブラックリストに載ったらどうなるのかなど、今回はクレジットカードのブラックリストについてまとめてみました。

ブラックリストの正体

「ブラックリスト」という言葉は聞いたことがありますよね。

ブラックリストに載ると、クレジットカードを使ったり、ローンを組んだり、お金を借りたりできない……。

そんなイメージではないですか?

おおむね正解です!

でも、実際のところはブラックリストというものは存在しません。

一般的に「ブラックリストに載る」というのは、延滞や自己破産などによって信用情報機関に事故情報がつくことをいいます。

事故情報は筒抜け

クレジットカードやキャッシングを利用すると、利用者情報が信用情報機関に登録されます。
 
日本には3つの信用情報機関があります。

<シー・アイ・シー(CIC)>
クレジットカード会社が加盟。消費者金融、信販会社なども。

<日本信用情報機構(JICC)>
消費者金融が加盟。クレジットカード会社、保証会社なども。

<全国銀行個人信用情報センター(KSC)>
銀行、信金、農協などが加盟。

信用情報機関に登録される情報は、
主に次のようなものです。

  • 本人情報~名前・生年月日・住所・電話番号など
  • 利用状況~借入金額・借入残金・返済状況など
  • 申込状況~いつどの金融機関に申し込んだのか

登録されるこれらの情報はクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれています。

つまり、カードの利用履歴のことです。

このクレヒスをもとに、カード会社は審査を行うというわけです。

3つの信用情報機関はそれぞれ独立していて、クレジットカード会社のほとんどはCICに加盟しています。

事故情報は3機関で共有しているため、延滞などの情報は筒抜けになってしまうのです。

どのくらい延滞したらブラックリストに載る?

ブラックリストと聞いて、まず浮かぶのは延滞ではないでしょうか。

たしかに事故情報でいちばん多いのは延滞です。
 
では、どのくらい延滞したら事故情報になるのかというと、会社によってまちまちで、明確に「○日」とは定められていません。

●2ヵ月~3ヵ月以上の返済遅れ
●それ以下の延滞を何度も繰り返す

おおむね、このように考えておくといいでしょう。

2、3ヵ月の返済遅れはもちろんですが、数日の延滞を繰り返した場合も、事故情報になる可能性があります。

いったい何日遅れたら事故情報になるのか知りたいところですが、
カード会社に聞いても、残念ながら教えてもらえないでしょう。

延滞以外のブラックいろいろ

延滞以外で事故情報となるのは、主に次のようなケースがあります。

・自己破産などの債務整理
・契約者以外による返済

最近、増えているのがスマホの支払い遅れで事故扱いになってしまうケースです。

通話料は信用情報機関とは関係ないのですが、
機種代はローン扱いとなり、信用情報機関に登録されます。

そのため、通話料と一緒に機種代を分割して支払っている人は要注意です!スマホ料金の遅れが延滞となり、知らないうちにブラックリストに載っていることもあります。

そのほか、盲点として「申込ブラック」というのがあり、これは延滞どころかクレジットカードを利用していないのに事故扱いになることがあります。

申込ブラックは、短期間にいくつもの金融機関に申込みをすることです。

信用情報機関には、申込情報も登録されます。手当たり次第にいくつものクレジットカードやキャッシングを申し込むと「あやしいヤツ」と見なされてしまいます。

ブラックリストはいつ消える?

延滞などは5年(10年の場合も)、申込ブラックは半年ほど記録が残るため、そのあいだは新たにクレジットカードを作ったり、キャッシングしたりすることはむずかしいでしょう。

自分のクレヒスを見る方法

信用情報機関に登録された自分のクレヒスを見ることができます。

窓口や郵送のほか、PCやスマホでも閲覧できるので、気になる人はチェックしてはいかがでしょう。

延滞に不安がある人は「入金状況」を確認してください。

通常通りの入金であれば「$」と記載されています。

<記号の意味>
「$」 請求どおりの入金
「P」 請求額の一部の入金
「R」 契約者以外からの入金
「A」 契約者の事情で入金がなかった(未入金)
「B」 契約者の事情とは無関係の理由で入金がなかった
「C」 入金されていないが、その原因がわからない
「-」 請求も入金もなかった(クレジットの利用なし)

延滞などで事故情報になってしまうと、ただひたすら時間が過ぎるのを待つしかありません。

スマホやクレジットカードの延滞が原因で、住宅ローンや自動車ローンを組めなかったという事例もあるので、くれぐれも注意しましょう。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2018年3月22日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑