【2018年 入門編】誰でもわかる!簡単!!仮想通貨って何?

近年、急速に定着しはじめた仮想通貨。

最近では、コインチェックから仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したことがニュースで大々的に取り上げられましたね。

そのため「仮想通貨は危険」なんて思っている人もいるようです。

たしかに、仮想通貨は知識もないのに手を出せば大損をすることもありますが、反対に大儲けをしている人もいます。

でも、その前に「そもそも仮想通貨って何?」という人も多いようです。
今回は、いまさら聞けない仮想通貨の基本中の基本をご紹介します。

そもそも仮想通貨とは?

「仮想通貨って何?」という人でも、仮想通貨がインターネット上で取引できるお金だということは知っていますよね。

そして、国に関係なく、世界中どこでも使えることもほとんどの人が知っていると思います。

日本では「仮想通貨」という名称で浸透していますが、海外では「暗号通貨」と呼ばれています。

仮想通貨には国境がなく、国や銀行も関係ありません。ですから、インターネットを経由して、世界中どこにでもダイレクトに送金することができます。

普通は、お金を送るときは手数料がかかりますよね。でも、仮想通貨は手数料がかからないか、かかる場合でも少額なのです。

仮想通貨が便利な点は、インターネットさえあれば自由自在に取引できることにあります。

仮想通貨は何種類あるの?

「仮想通貨=ビットコイン」というイメージですが、ビットコインは仮想通貨のひとつの種類。

世界で初めて作られた仮想通貨なので「仮想通貨=ビットコイン」というイメージなんですね。

ビットコインが初めて使われたのは2010年のこと。つまり、仮想通貨の歴史はまだ10年もたっていないのです。

それなのに、いまでは約1500種類もの仮想通貨があるといわれています。

皆さんご存じのビットコインをはじめ、イーサリアム、リップル、ライトコインなどがあります。

2018年1月に不正アクセスにより580億円分が流出したのはネムです。
ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と総称されています。

仮想通貨を手に入れる方法は?

仮想通貨を手に入れる方法は大きく2つあります。

●取引所=個人間で売買・取引する
●販売所=販売所から購入する

<仮想通貨を手に入れる方法>

  • <個人間で売買・取引する>
    仮想通貨の取引は、売りたい人と買いたい人がいて、お互いのニーズが一致すれば取引成立です。それをマッチングさせるのが取引所です。
    手数料はかかる場合とかからない場合があります。
  • <販売所から購入する>
    個人間の売買ではなく、販売所から仮想通貨を購入することもできます。
    その場合は手数料がかかります。

仮想通貨を扱う会社は、取引所と販売所を兼ね備えているところ、取引所だけのところ、販売所だけのところがあります。
この点、ちょっとややこしいかもしれませんね。

仮想通貨と電子マネーのちがいは?

仮想通貨でよく聞かれるのは「電子マネーとどうちがうの?」ということ。
ここでは3つのちがいを取り上げてみましょう。

<電子マネーとのちがい>

  • 1.仮想通貨はお金で、電子マネーはお金じゃない
    これがいちばん大きなちがいといえるでしょう。
    仮想通貨はお金ですが、電子マネーはお金ではなく、あらかじめ日本円をチャージしたうえでの決済手段です。
    ですから、仮想通貨はお金として個人間のやりとりができますが、電子マネーではできません。
  • 2.仮想通貨は世界中で使えるが、電子マネーは使えない
    仮想通貨は世界共通の通貨なので、インターネット上であれば世界中どこでも使えます。
    一方の電子マネーは、日本円がチャージされた決算手段。そのため、海外で使うことはできません。
  • 3.仮想通貨の価値は変動し、電子マネー変動しない
    仮想通貨はお金なので、円相場やドル相場と同じように、需要と供給のバランスや社会情勢によって価値が変動します。
    一方の電子マネーはポイントがつくことはありますが、基本的にチャージしたときの価格のままで、価値が変わることはありません。

仮想通貨は儲かるってほんと?

少し前に「億り人」が話題になりましたね。

2017年秋頃からビットコインの価値が高騰し、億単位の利益を得た人が「億り人」と呼ばれました。

先ほどご説明したように、仮想通貨は円相場のように価値が変動します
そして、仮想通貨は買うこともできれば、売ることもできます。

買った値段より高く売れれば、当然、儲かりますよね。

残念ながら、ビットコイン相場は2017年12月がピークでしたが、「億り人」がクローズアップされたことで「儲かるかも!」と安易に手を出す人が増えました。

そのため、仮想通貨詐欺の被害も急増しています。

「投資したお金が戻ってこない」「必ず儲かると言われた」といった相談が国民生活センターに多く寄せられています。

仮想通貨はこれからもっと拡大していくといわれています。

損をしたり、騙されたりしないためにも、いまのうちから仮想通貨についてよく調べ、知っておくことが大切です

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2018年3月8日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑