キャッシングは何歳まできる?高齢者がお金を借りる方法です

30代や40代のうちから老後の心配をする人が多くなりました。
年金の支給年齢がどんどん引き上げられそうな気配に加え、支給金額にも不安があります。

年金でカツカツの生活の場合、お金が必要になったらどこから借りればいいのでしょう?
今回は、高齢者がお金を借りる方法についてご紹介します。

年金支給開始が70歳超えに!?

先日、政府が「公的年金の受け取りを70歳超に先送りできる」制度の検討に入ったというニュースがありました。

現在の年金支給開始年齢は原則65歳で、60歳~70歳のあいだで選べます
65歳より先に受け取ると支給額が減り、遅らせると支給額が増える仕組みです。

これに加え、さらに70歳を超えた年齢も選べるようにしようというのです。
その背景には、高齢者が現役で働き続けることで、年金財政の安定化を図ろうという狙いがあります。

たしかに高齢者でもバリバリ働いて稼いでいる人もいますが、反対に「お金を借りたい」と思っている人も少なくありません。

年齢条件は企業によって異なる

年齢を重ねるデメリットとして「お金が借りにくくなる」ことがあります。

お金が必要なとき、銀行や消費者金融で借りようとしても、残念ながら年齢条件によって断られることがあります。

各社は、何歳までを年齢条件にしているのでしょう。
銀行と消費者金融別に見ていきましょう。

銀行カードローンを利用する

まとまったお金が必要になったとき、金利や上限金額を考えると、銀行カードローンが選択肢になると思います。

ところが、銀行カードにももちろん年齢条件があります。

くらべる君」に加盟している銀行のなかで、70歳でも借りられるところは次のとおりです。

<70歳でも借りられる>

  • □中京銀行カードローン「Cスタイル」
    年齢条件:20 歳以上75歳未満
    ※年金受給者の方でもご利用OK!

「くらべる君」の加盟銀行のなかで、70歳でも借りられる銀行カードローンは2018年2月現在1社しかありませんが、69歳となるともう少し増えます。

<69歳以下なら借りられる>

  • □横浜銀行カードローン
    年齢条件:満20歳以上69歳以下
  • □福岡銀行カードローン
    年齢条件:20歳以上69歳以下
    ※年金受給者の方でもご利用OK!
  • □じぶん銀行カードローン
    年齢条件:満20歳以上70歳未満

いずれの場合も安定した収入があることが条件ですが、中京銀行カードローン「Cスタイル」と福岡銀行カードローンは年金受給者の方でもOKと謳っています。

消費者金融を利用する

手軽にスピーディに借りたいとき、消費者金融を選ぶ人が多いですね。
消費者金融の年齢条件はどうなっているのでしょう。

「くらべる君」に加盟している大手消費者金融は、年齢条件を69歳としているところがほとんどです。

<69歳以下なら借りられる>

なお、上記4社の大手消費者金融のなかに、年金受給者の方でもOKと謳っているところはありません
いずれも、安定した収入があることが条件となっています。

各企業の年齢条件を見ると、お金を借りるのなら1歳でも若いほうが有利になることがわかります。

けれど残念なことに70歳を超え、借りられる銀行も消費者金融もない場合、どうすればいいのでしょうか。

大丈夫です!それでは、70歳を超えてもお金を借りる方法をいくつかご紹介します

生命保険に入っていれば!契約者貸付制度

生命保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用して、保険会社からお金を借りることができます。

メリットは、金利が低いことと、返済期日が決まっていないこと

デメリットは、返済しないと利息が膨らんでいくことと、保険契約が失効してしまう可能性があることです。

保険会社から詳しい説明を受けたうえでご利用することをおすすめします。

持ち家に住んでいれば!リバースモゲージ

持ち家に住んでいる場合、自宅を担保にお金を借りることができます。

リバースモゲージの特徴は、自宅にそのまま住み続けることができ、死後に売却して借りたお金を一括返済することです。

老後の資金繰りの手段として、最近、シニア層に人気の制度です。

年金を担保にすれば!年金担保貸付制度

年金受給者が利用できる公的制度で、年金を担保にお金を借りることができます。

返済方法は、支給される年金から天引きされるシステムなので、「年金の前借」と考えていいと思います。

年金担保貸付ができるのは、2つの機関だけです。

□独立行政法人 福祉医療機構(WAM)
→厚生年金や国民年金を担保にできます

□日本政策金融公庫(JFC)
→共済年金や恩給を担保にできます

年金担保貸付制度は低金利というメリットがあります。
ただ、年金を前借するため、生活困窮に陥ってしまうリスクも懸念されています。
年金担保貸付制度は、制度廃止も検討されています。

気をつけたいのが、年金を担保に融資できるのはこの2つの機関のみということ!これは、法律で定められていることです。

もし、この2つの機関以外で「年金を担保に融資する」というところがあれば、まちがいなく闇金なので、絶対に手を出さないようにしましょう!

*参考(閲覧日:2018年1月18日)
●時事ドットコムニース
年金受給、70歳超も選択肢=高齢社会対策大綱案-政府(2018年1月17日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011700428&g=soc

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2018年1月25日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑