【2017年】新社会人に必要なもの!それはマネーリテラシーです!!

新社会人に必要なものといって思い浮かぶのはなんでしょう?

クレジットカード?スーツ?時計?貯金?
もちろん全部あるといいですよね。

でも、まずはマネーリテラシーを身につけるのが大切。
お金に関する知識がないと、思わぬ落とし穴に落ちることがありますよ!

あなたのマネーリテラシーをチェックしよう!

くらべる君」のコラムを読んでいる人は、お金にある程度の関心を持っている人ではないでしょうか?

それでは、さっそくですが、あなたのマネーリテラシーがどのレベルなのかテストしてみましょう。

<金融広報中央委員会の「金融リテラシークイズ」>

さて、結果はどうでしたか?

もちろん100点満点ですよね!?このクイズは決してむずかしくはありません。にもかかわらず、全国平均は50点を超える程度・・・

日本は、他国に比べてマネーリテラシーが低めなのです

マネーリテラシーは社会人の常識

最低限のマネーリテラシーを身につけるのは、社会人にとっては常識です。
マネーリテラシーがないと、こんな目に遭う可能性があるんですよ!

1.「お金を借りたら、実はヤミ金だった!」
2.「クレカを使いすぎて返済できなくなった!」
3.「もらうべき残業代をもらえなかった!」
4.「生活費を借金でまかなうようになった!」
5.「キャッシングやローンの審査に通らなかった!」

これ全部「新社会人あるある」なんです・・・。
こんな目に遭わないためにも、お金の知識をつけましょう。

1.ヤミ金の罠に落ちない方法

社会人1年目はいろいろ必要な物が多くて、けっこうお金がかかりますよね。次の給料日までお金がピンチで、キャッシングに頼りたくなることもあるでしょう。

そんなとき、マネーリテラシーがないと、うっかりヤミ金から借りてしまう危険も!!

ヤミ金の手口は巧妙になっていて、見分けがつかないことがけっこうあるんです。

<ヤミ金の見分け方>

×電話番号が「090」や「080」など携帯番号になっている
×「お金を借りませんか?」といきなり電話をかけてくる
×広告に貸金業登録番号が書かれていない
  →貸金業登録番号の例) 関東財務局長(5)第00000号
×申し込んでいないのに口座にお金を振り込まれた
×「ブラックOK」などと謳っている

ヤミ金は、電柱のチラシやポスティングチラシをはじめ、雑誌やスポーツ新聞の広告、インターネットなど至るところに潜んでいます。

でも、「くらべる君」には潜んでいませんから安心してくださいね。

2.クレジットカード貧乏にならないために

「新社会人あるある」のひとつが、すすめられるがままクレジットカードを作ってしまうこと。
クレジットカードを作ると、社会人として認められたみたいで嬉しいですよね。

でも、クレジットカードは1~2枚が理想といわれています。特に、年会費がかかるクレカを作ってしまった人は、ほんとうに必要かどうか考えましょう。

クレジットカードで気をつけたいのは、なんといってもリボ払い。近年、トラブルが急増しているんです。

はっきり言って、リボ払いは手数料が高いです。「年利15%」に設定しているところが多く、これはキャッシング並みかそれ以上。

誤解しないでいただきたいのですが、リボ払いは絶対ダメ!と言ってるわけじゃありません。
お金に困っているとき、リボ払いはとっても便利です。

でも、その便利さに負けて、ずるずるとリボ払いを継続してはダメだということ。
リボ払いはほんとうに必要なときだけ利用して、短期間で返済するようにしましょう

3.社会人たるもの残業はつきもの!?

残業と呼ばれるものには大きく分けて3種類あります。

1)時間外労働
1日8時間を超える労働、または1週間40時間を超える労働をしたとき、最低25%を上乗せした賃金をもらえます。

2)休日労働
気をつけたいのが、週休2日制の会社で土曜日に働いても休日労働にはならないということ。
法律では、1週1回以上または4週4回以上の休日が定められています。この法律上の休日に勤務したときが休日労働になります。最低35%を上乗せした賃金をもらえます。

3)深夜労働
午後10時から翌朝の午前5時までが原則的に深夜労働になります。最低25%の上乗せ賃金をもらえます。

ただし「みなし残業」といって、給与のなかにあらかじめ一定の残業代を含める制度があります。専門職や営業職に適用されているケースです。
「残業代がない!ブラックだ!」と騒ぐ前に、会社の給与制度を理解することが大切ですよ。

4.借金地獄に落ちる前に収支をチェック

きちんと働いているのに、借金しないと生活できないのは、ズバリ「収支のバランス」がおかしいから

あたりまえですが、お金を使いすぎているんです!
いますぐ、ノートとペンを用意しましょう。

まず「収入」である手取り金額を記入。

そして「支出」として、家賃、光熱費、通信費など、毎月かかる固定費を書いてください。もちろん、借金の返済額もきちんと記入すること。

残りの金額が使えるお金(生活費など)になります。

いまの収入で、いくらお金を使えるかをしっかり把握するのが大前提。ここを無視すると、借金地獄真っ逆さまになりますよ!

5.キャッシングの審査に落ちたときは?

キャッシングやローン、クレジットカードの審査に落ちた人は、その理由を突き止めるのが大切。

<審査に落ちる理由>

・過去に返済を延滞したり、携帯料金を滞納したことがある
・一度に複数の企業に申し込んだ
・申込書に嘘またはまちがった情報を書いた
・申込書の文字が汚かったり、空欄が多い
・他社からの借入が一定額以上ある
・勤続年数や居住年数が短い

審査に落ちたら、最低でも半年は新たな申し込みを我慢したほうがいいかも。そのあいだに、コツコツと信用情報を積み上げていきましょう。

次々に申し込んだら、ますます審査に通りにくくなりますよ。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年4月6日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑