【2017年】物入りな年度末!お金を借りるベストな方法は?

年度末は何かと物入りな時期。予期せぬ出費も重なりがちです。
お金に余裕があればいいのですが、手持ちがないときもありますよね。

特に「まとまったお金」が「いますぐ」必要なときはほんとうに困ります。
そんなときは、やはり「借りる」という選択肢が浮かびます。

そこで、お金はどこから借りるのがベストなのかを考えてみましょう。

クレジットカードキャッシング ○メリット○

お金を借りる方法としていちばん手軽なのは、クレジットカードのキャッシングかもしれません。

キャッシング枠のあるクレジットカードなら、提携銀行やコンビニのATMですぐにお金を引き出せます。さらに「借金をする」という後ろめたさもありません。

手軽さと速さ、そしてハードルの低さでいえばトップクラスといえるでしょう。

クレジットカードでキャッシング ×デメリット×

クレジットカードのキャッシングは、いいことづくめではありません。
見落としがちなのが、金利の高さです。

18%程度のところが多く、これは消費者金融と比べても決して低いとはいえない金利です。
そして、もうひとつの問題は返済方法にあります。

クレジットカードのキャッシングは、翌月一括払いかリボ払いで返済するものが多いのが現状。

少額なら翌月一括払いで返済できますが、まとまったお金を借りた場合はリボ払いを選ぶ人が多いでしょう。

リボ払いは、返済期間が長くなるため、必然的に支払う利息も多くなります。
また「借金をする」という後ろめたさがないことが、逆にデメリットになることも・・・。

というのは、手軽な分、計画性を持たずにキャッシングを繰り返してしまう危険性があるからです。

消費者金融でキャッシング ○メリット○

クレジットカードのキャッシングの場合、ショッピングで限度額ぎりぎりまで利用している場合、キャッシングができないことがありますが、消費者金融ではそういった心配はありません。

また、クレジットカードよりは時間がかかりますが、申し込んだその日のうちにお金を借りられるところが多いのもメリットです。

ですから消費者金融は、なるべく早くに、まとまったお金が必要な人には適した選択肢といえるでしょう。

また、クレジットカードのキャッシングと比べて、金利が低いところが多いことにも注目!
企業によって金利がかなりちがうので、利用する前に必ずチェックするようにしましょう。

さらに、初めての利用者を対象に無利息期間を設けているところもあるので、上手に利用したいものです。

<無利息のキャッシング対応企業一覧はこちら>

消費者金融でキャッシング ×デメリット×

金利が低くなったとはいえ、それでも利息は支払わなければなりません。返済能力を超えた借入はしないのが鉄則です。

また、消費者金融のなかには審査に時間がかかる企業もあります。
すぐにお金が必要なときは、即日融資を謳っている大手企業に申し込むのがいいでしょう。

銀行カードローンでキャッシング ○メリット○

銀行カードローンは金利の低さが魅力。そして、銀行ならではの安心感もあります。

最近では、銀行も即日融資に力を入れているので、急いでいる人にとってもおすすめです。

ひと昔前は、銀行カードローンは手間と時間がかかると言われていましたが、いまでは消費者金融と変わらない利便性とスピード感になりました。

さらに、銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超えた借入ができること。加えて、まとまった金額を借りやすいこともメリットと言えます。

<銀行カードローン一覧はこちら>

銀行カードローンでキャッシング ×デメリット×

お金を借りるときの審査基準は、企業によって異なります。

審査に落ちた人のなかには「どうして落ちたのかわからない」と言う人が多くいますが、企業は理由を明らかにしません。

ただ、審査基準に着目すると、銀行カードローンは消費者金融に比べて厳しいというのが一般的な見方です。

また、銀行によっては口座がない場合、お金を借りるまで数日かかることがあります。

友人や同僚に借りる

知り合いからお金を借りるのは、極力避けたほうが無難。人間関係が壊れるきっかけになりがちです。

また、知り合いからお金を借りてしまうと、もし反対に「お金を貸して」と頼まれたときに断りにくくなります。

友人や同僚に借りるなら、金融機関から借りるほうが余計なトラブルの心配がいりません。

質屋を利用する

最近では少なくなりましたが、質屋を利用する方法もあります。

ただ、質屋からお金を借りるには、質入れする品物が必要です。価値のある品物でなければ、まとまったお金を借りることはできません。

また、3ヵ月ほどで返済しなければ、質入れした品物は取り戻すことができないところが多いようです

以上、お金を借りる方法をご紹介しました。
いずれの場合でも、お金を借りるときは計画性を持ちましょう

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年3月23日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑