【2017年】今年の値上げ・値下げを総チェック!

年初めや年度初めによく聞くのが「値上げラッシュ」という言葉。
ここ数年、さまざまな分野で値上げのニュースが続いています。

2017年も、残念ながら値上げ傾向になりそうです。すでに値上げしたもの、これから値上げするものがたくさんあります。

その反面、値下げになるものも!

今回のコラムは、2017年の値上げ、値下げをまとめてみました。

↑値上げ↑ 地震保険が5.1%の引き上げ!

1月から全国の地震保険料率が改訂されました。
およそ8割の都道府県で実施され、全国平均では5.1%の引き上げです。

近年では、比較的地震が少ないとされてきた地域でも大地震が発生していますよね。そのため、改めて危険度計算を行ったところ、全国平均19%の引き上げが必要となりました。

今年1月に5.1%引き上げたものの、まだ必要とされる19%とは大差があります。
改訂は3回予定され、今回が1回目。今度も段階的に引き上げられていくと思われます。

↑値上げ↑ 最新スマホが事実上値上げ!

column297_newsp-min昨年、総務省のガイドラインによりスマートフォンの「実質0円」が事実上禁止されましたね。

2017年はガイドラインが改訂され、最新スマホの価格が「2年前に発売された同じメーカーの同型機種の下取り価格以上」とされました。

これによって最新スマホは実質的な値上げに!
ただし、小売価格が3万円以下のスマホに関してはガイドラインの適用外となります。

↑値上げ↑ USJが9年連続値上げ!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の料金が、2月8日から値上げになりました!

1日券の「スタジオ・パス」の大人料金が7200円から7600円へと値上げ。これで、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの大人1日券7400円より高くなりました。

1日券の子ども料金も4980円から5100円に、65歳以上のシニア料金も6650円から6830円に上がりました

USJの値上げはこれで8年連続です。

↑値上げ↑ キッザニアの入園料金が値上げ!

子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」の入場料金が4月1日から値上げすることが決まっています。

「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」ともに、3歳~59歳までの料金が100~150円値上がりします

休日の園児・小学生・中学生は、150円(税別)の値上げ、そのほかの料金は100円(税別)の値上げとなります。

ただし、子どもの春休み・夏休み・冬休みのホリデーシーズンと60歳以上のシニア料金は、いまのところ値上げの予定はありません。

↑値上げ↑ 6月から郵便料金が値上げ!

column297_post-min6月1日から郵便料金が改訂になります。

通常のはがきが52円から62円に値上げ、往復はがきは104円から124円に値上げとなります。ただし、年賀はがきは52円のままです

また、ネットオークションなどで利用されている定形外郵便は規格を定めて、重さに応じて80~150円ほどの値上げとなります。

また、本やメディアの発送に使われているゆうメールも、同じように規格を定めたうえでの値上げとなります。

↑値上げ↑ 長期入院患者の光熱費が引き上げ!

10月から「療養病床」を利用する65歳以上の患者を対象に、光熱水費が引き上げられます

「療養病床」は、症状は安定しているものの長期療養を必要とする患者のために設置されたベッドで、そのほとんどを高齢者が利用しています。

現在は医療の必要度が比較的低い人を対象に1日320円を徴収していますが、10月からは医療の必要度が高い人からも徴収し、2018年4月には一律370円になる予定です

↓値下げ↓ タクシー初乗り料金が値下げ!

column297_taxi-min東京23区、武蔵野市、三鷹市のタクシー初乗り料金が、1月30日から引き下げられました。

初乗り730円が410円に値下げとなったものの、長距離になると逆に高くなる運賃制度に変わりました

これまで初乗り距離は2キロでしたが、これが約1キロに短縮されたため、1キロを超えたところから運賃が加算されていきます。

そのため、2キロまでは値下げに、6.5キロを超えると値上げになります

ちょい乗りには便利になりますが、自宅が遠い人は飲みすぎてタクシーで帰るとなるとかなりの出費になりそうです。

↓値下げ↓ 高額抗がん剤「オプジーボ」が半値

新型がん治療薬「オプジーボ」が、2月から50%引き下げられました。
「オプジーボ」はこれまで、患者ひとりあたり年間3500万円もかかっていました

そのため、半額になってもまだまだ高額で、必要な人すべてが使える値段ではありません。

当初、「オプジーボ」は皮膚がんの治療薬として承認されましたが、現在では肺、腎臓のがんでも承認されています。

今後、さらに価格が引き下がることが望まれます。

↓値下げ↓ 自賠責保険が約7%引き下げ!

column297_hoken-min4月の契約分から、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料が全車種平均で約7%の引き下げになります。

これは自動ブレーキシステムなどの普及で交通事故件数が減少し、保険金の支払いが減ったため、収支が改善したことによります

一般的な2年契約で見ると、自家用自動車は2万7840円から2万5830円に、軽自動車は2万6370円から2万5070円に引き下げられます

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年2月9日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑