年末年始のキャッシング活用術【お金を借りずにカードだけ作る】

キャッシングカードローンの申し込みをするのは、お金を借りたいときですよね。

でも、知っておいてほしいのが、キャッシングの申し込みをすることと、お金を借りることは別物だということ。

契約しても、お金を借りないことはできます。

年末年始が間近に迫ったいま、キャッシングの契約をしておくことにはいろいろなメリットがあります。

万が一のとき、生活を守ってくれる“保険”になることもあるのです。

「契約(カードを作る)」=「お金を借りる」ではない!

お金を借りる必要がないのに、キャッシングやカードローンを申し込む人はあまりいないと思います。

でも、覚えておきたいのが、「契約(カードを作る)」=「お金を借りる」ではないということ。

キャッシング初心者の方は、申し込んで契約したら、そのままお金を借りると考えがちですが、「契約」と「お金を借りる」は分けて考えてましょう。

皆さんもご存知のように、キャッシングの申し込みの流れは次のとおりですね。

 1.申し込む(インターネットや電話)
 
 2.審査
 
 3.契約(カードの発行)

実際にお金を借りるのは、契約(カード発行)の次のステップになります。

ですから、審査が通って契約となっても、お金を借りる手続きをしなければ融資を受けることにはなりません

いまお金が必要ではなくても、契約を済ませてカードだけ作っておくことには大きなメリットがあります。

万が一のときや不測の事態が起こったときに、すぐにお金を借りられる備えをしておくと安心です。

Case1:年末年始

cardmake_kinketsu-min年末年始は何かと物入りなとき。もちろん、お金のやりくりを考えている人も多いでしょう。

でも、予想外の出費が多いのが年末年始。忘年会や新年会をはじめ、帰省や旅行で予算オーバーになりがちです。

こんなときキャッシングが役立ちますが、大晦日や元旦は金融機関のほとんどが休業しています

お金を借りたいと思っても、新規の申し込みの場合、すぐに対応してくれません。そのため、即日融資ができないどころか、数日待たされることになってしまいます。

でも、契約を済ませてカードを持っていれば、大晦日や元旦でもATMが稼働している金融機関があるので、限度額以内であればすぐにお金を借りることができます

年末年始の急な物入りに備えるために、いまのうちに契約だけ済ませておくのは賢い方法といえるでしょう。

Case2:銀行ATMのトラブル

一年のうちに何度か発生するのが、銀行ATMのシステム障害。テレビのニュースで、お金を引き出せなくて困っている人を目にしたことがあるのではないでしょうか。

すぐに現金が必要なのに、いつ復旧するのかわからない・・・。

そんなとき、キャッシングのカードがあれば、銀行ATMが復旧するまでのつなぎのお金が手に入ります。

銀行ATMのシステム障害は、たいていその日のうちか、遅くても翌日には解消されます。ですから、キャッシングしたお金も次の日には返済できます。

もし、10万円キャッシングしたとしても、次の日に返せば利息は49円です(金利18%の場合)。ちなみに、借りた当日に返済すれば利息はかかりません。ただし、その場合、金融機関の営業時間内に返済するようにしましょう。

※ATMで返済する場合、利息のほかにATM利用料がかかる場合があるので注意しましょう

Case3:キャッシュカードの紛失

cardmake_loss-min意外と多いキャッシュカードの紛失。
お財布ごと落としてしまう場合が多いので、持ち金が0円になってしまうこともあります。

こんなときはほんとうに困ります。買い物ができないどころか、約束があっても出かけることさえできなくなります。

このような不測の事態に備えるには、キャッシングのカードは、キャッシュカードやクレジットカードと別のところにしまっておくことです。

また、よくあるのがキャッシュカードの磁気が読み取れなくなってしまうケース。銀行窓口が休業の土日や年末年始だと、何日もお金を引き出せなくなる可能性もあります。

こんなときも、キャッシングのカードがピンチを救ってくれます。

Case4:転職

冬のボーナスをもらってから転職しようと考えている人もいると思います。転職予定者こそ、不測の事態にいまから備えておきたいもの。

キャッシングは、勤続年数も審査の対象になります。もちろん長ければ長いほど、信用度は高いと評価されます

転職したばかりのタイミングでお金を借りようとしても、「勤続年数1ヵ月」だと信用度は低くなってしまいます。審査が通ったとしても、融資の限度額は低めに抑えられると考えたほうがいいでしょう。

ある程度の勤続年数があるうちに、契約しておくほうが安心です

いざというとき、数万円が借りられるかどうかでその後の生活が大きく変わることがあります。

キャッシングや銀行カードローンのカードは、いざというときの「保険」のために持っておくと安心です。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2016年12月1日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑