【2016年】サークルKサンクス閉店で、コンビニATMとキャッシングが変わる!?

2016年9月、サークルKサンクスとファミリーマートが経営統合。
サークルKとサンクスは順次、ファミリーマートへと変わっていきます。

そのなかで注目されているのが、愛知と岐阜にあるサークルKサンクスのATM「ゼロバンク」が、ファミリーマートの「イーネット」に置き換えられること。

「手数料ゼロ」を謳い、地元の人たちに愛されてきたコンビニATM「ゼロバンク」がなくなることで、キャッシングにも影響が出てくるのでしょうか?

コンビニATMの最前線を探ってみましょう!

この秋、コンビニの勢力図が大きく変わった!

「あれ?サンクスがいつのまにかファミマになってる!」という現象が、そろそろ各地で起こっているかもしれません。

9月1日に、サークルKサンクスとファミリーマートが経営統合。サンクスとサークルKは姿を消し、ファミリーマートへと順次に切り替わっていきます。

コンビニ業界はいまシェア争いが激化しています。1位を独走するのはセブンイレブンで、2位がローソン、3位がファミリーマートでしたが、サークルKサンクスとファミリーマートの統合により勢力図が変わりました。

1位はセブンイレブンのままですが、ファミリーマートが僅差に迫っています。

<現在のシェア>

1位 セブンイレブン 1万8600店
2位 ファミリーマート 1万8200店
3位 ローソン 1万2400店
4位 ミニストップ 2200店

※店舗数は概算

コンビニが変わると、ATMも変わる!

column283_atm-minコンビニが変わると、真っ先に思うのは商品のことですね。パンやスイーツなどPB商品はたくさんあります。

サークルKサンクスがなくなることで、人気商品の「濃厚焼きチーズタルト」や「窯出しとろけるプリン」はどうなるの?という声が相次いでいます。

そして、PB商品とともにもうひとつ心配なのが「コンビニATMも変わるの?」ということ。

サークルKサンクスのATMは、大垣共立銀行と提携する「ゼロバンク」と、りそな銀行と提携する「バンクタイム」。

一方のファミリーマートには、大手銀行など66社が出資する「イーネット」のほか、ゆうちょ銀行が設置されています。

◆サークルKサンクスのコンビニATM

 ・ゼロバンク(岐阜県・愛知県)
 ・バンクタイム(そのほかの地域)
 ・イーネット(一部店舗)

◆ファミリーマートのコンビニATM

 ・イーネット(1万900店)
 ・ゆうちょ銀行(500店)

「ゼロバンク」が「イーネット」に!メリットとデメリット

先日、愛知県と岐阜県のサークルKとサンクスにあるATM「ゼロバンク」が、ファミリーマートのATMに置き換えられることがわかりました。

このニュースにより、「ゼロバンク」愛用者からは悲鳴が上がっています。

というのは、「ゼロバンク」の売りは「手数料ゼロ」。平日や土曜日の日中に利用すると、約1500の金融機関のキャッシュカードで手数料が無料なのです。そのため、多くの県民がサークルKサンクスのATMを重宝しています。

ファミリーマートの「イーネット」に置き換わると、手数料無料の金融機関や曜日、時間帯などが制限され、いままで無料だった取引が有料になるケースも出てくるのです。

その一方で、歓迎する声も聞かれます。

「ゼロバンク」は住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行、楽天銀行など全国キャッシュサービスに加盟していない金融機関のカードは使えません。

ファミリーマートの「イーネット」に変わることで、ネット銀行のカードが使えるようになるからです。

自分が普段どの銀行を使っているかで、利便性が大きく変わることになります。

コンビニキャッシングを賢く活用する方法

column283_24-minキャッシングにコンビニATMを利用している人も多いですよね。

お金の借入や返済にコンビニATMはとても便利。身近にあって、夜遅くまで使え、さらにキャッシングしているのがバレないため、多くの人が利用しています。

ただ、コンビニだから24時間いつでもOKだと思っている人もいるようですが、深夜や未明など使えない時間帯があります。

ややこしいのが、コンビニによって利用時間が異なることに加え、同じコンビニでもキャッシング会社によって時間にバラつきがあることです。

全体的に見ると、深夜0時前後に使えない場合が多いので、急ぎのときには気をつけたいですね。

さて、いいことづくめのコンビニATMですが、唯一のネックになるのが手数料がかかること。

 ・1万円以下 108円
 ・1万円超  216円
アイフルアコムプロミスモビットなど大手消費者金融の一例

借入にも返済にも手数料がかかるため、頻繁に取引する人にとってはかなりの出費になります。

手数料を無料にするには、提携ATM利用料が無料になるキャッシング会社を選ぶこと
この場合、銀行カードローンが強みを発揮します。

例えば、新生銀行の「レイク」なら、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのイーネットの手数料が無料です。

手軽で便利なコンビニキャッシング。さらに賢く活用するなら、手数料や時間帯のこともしっかり考えたいですね。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2016年9月21日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑