値上げ?値下げ?2016年度、お金はこう変わる!!

2016年度も本格的にスタートしました。新年度をきっかけに、職場や生活の環境が変わった人も多いと思いますが、お金にまつわることも変わったのを知っていますか?

年度の変わり目は、税や社会保障の制度が見直されるとき。

果たして、生活はラクになるのか?それとも、ますます負担が大きくなるのか?
新年度のお金について検証していきましょう。

値上げしても称賛される企業もある!!

4月から値上げとなった商品といえば、ニュースでも大きく取り上げられた「ガリガリ君」と「あずきバー」をイメージする人もいるでしょう。「ガリガリ君」は25年ぶりの値上げ、「あずきバー」は24年ぶりの値上げとなりました。

普通、値上げとなったら好感度がダウンするところですが、どちらにも「よく20年以上も値上げしなかった!」と企業努力を称える声と、「まだお手頃価格だからこれからも食べる!」と応援する声が続出しています。

その一方、大幅値上げで悲鳴が上がっているのが、二輪車などにかかる軽自動車税。以前から増税が噂されていましたが、この4月から税率が変更となりました。

「原付」と呼ばれる排気量50cc以下の二輪車は、これまでの1000円から一気に2倍の2000円に上がりました。

また自動車も、これまでは燃費のいい車を買うと「エコカー減税」が適用されましたが、2016年度からは基準が厳しくなったので、燃費の劣るガソリン車では税優遇が受けられないケースがあります。その場合、税負担が増えることになります。

「節約したければ健康でいろ!」が常識

社会保障を見ていくと、「またか!」の声が大きいのが国民年金の保険料。これまでも年々高くなっていた国民年金の保険料ですが、この4月からは670円上がり、これまでの月額1万5590円から月額1万6260円になりました。

ちなみに10年前は月額1万3860円だったので、10年間で2400円も上がったことになります。
毎月1万6260円の保険料はかなりの出費ですね。

国民年金の納付率は約60%まで回復したというのが厚生労働省の発表ですが、実はこの数字にはちょっとしたカラクリがあります。

低所得などで保険料の免除や猶予を受けている人が数字に入っていないため、実際の納付率は約40%という低水準です。

度重なる値上げで、納付率がますます落ちるのでないかと気になるところです。

もうひとつ、大きな変更があったのが診療報酬です。

大病院を紹介状なしで受診した場合、初診で5000円以上、再診で2500円以上の追加負担がかかるようになりました。

また、入院時の食事もこれまで1食260円だったのが、一気に100円のアップとなり、1食360円に。1ヵ月の入院だと9000円の負担増となります。

年々膨らんでいく医療費を抑制するための制度改革ですが、お金がないと病院にかかれない時代となりました。出費を防ぐためにも、しっかりと健康管理をしたいですね。

電力自由化を筆頭に、お金にまつわる生活が変わる!

お金にまつわる規制緩和でいちばんの目玉は、やはり4月からスタートした電力小売りの全面自由化でしょう。

これまで地域の10電力会社による独占だった電力市場が、広く開放されました。3月25日時点で、新電力として登録している企業は266社。電気の購入先を変更する人は、全国で約33万3700件。最も多いのが東京電力管内の19万1800件で、続いて関西電力管内の9万5900件です。

競争による値下げが期待されるところですが、料金プランやサービスが多様化しているので、どこが割安なのかわかりにくい面もあります。

特にセット割の場合、長期契約の途中解約をすると違約金が発生するケースもあるので、契約内容をしっかり確かめる必要があります。

そのほか、4月から価格が変更になったものをざっとあげていくと、タバコの国内シェアの3割を占める「メビウス」が10円値上がりして440円に、そのほか食卓塩やクノールカップスープ、サントリーの「オールド」「角瓶」も値上げとなりました。

3年連続の値上げとなったのが、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園料。今年度は500円上がって、大人用「1デーパスポート」は7400円とかなりの高額になりました。

値上げばかりのお話になったので、最後に値下げの話題も。

全日空と日本航空が、原油安のため燃油サーチャージを6年半ぶりにゼロにしました。欧米方面に行く場合、片道2万円以上もかかっていたので、海外に行く人にとっては燃油サーチャージが廃止されるのは嬉しいニュースですね。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2016年4月7日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑