マイナス金利でキャッシングはどう変わる!?

1月29日、日銀がマイナス金利導入を発表しました。日本でマイナス金利が導入されるのは史上初のこと。市場経済に大きな波紋が広がりました。

これにより、経済や金融はどう変わるのでしょう。キャッシングや銀行ローンなど私たちのマネーライフにも影響が及ぶのでしょうか。

マイナス金利とはどんな施策なのか、どんな効果が期待されるのかなど、これだけは知っておきたいことをお伝えします。

マイナス金利で景気は良くなるのか!?

1月29日、日本銀行がマイナス金利の導入を発表しました。これに伴い、円安が進み、株価は乱高下するなど、市場経済に大きな影響が出ています。

マイナス金利が実施されるのは2月16日からになり、日本においてマイナス金利が導入されるのは初めてのこととなります。

マイナス金利とは言葉のとおり、金利がマイナスになることです。

普通、私たちが銀行にお金を預けると、金利がつきますよね。いまは超低金利時代でわずかばかりの金利ですが、それでももらえないよりはマシです。

それがマイナス金利になると、金利がもらえないだけじゃなく、手数料としてお金を払わなければならなくなります。

「大変!すぐに預金を引き出さなきゃ!」と慌てたあなた、心配はいりません。私たちが利用している銀行の預金については、基本的にマイナス金利になることはありません。

マイナス金利になるのは、日銀の当座預金についてです。

日銀の当座預金の主な役割は次のとおりです。
(1)金融機関が他の金融機関や日本銀行、あるいは国と取引を行う場合の決済手段
(2)金融機関が個人や企業に支払う現金通貨の支払準備
(3)準備預金制度の対象となっている金融機関の準備預金

日銀の当座預金は、銀行をはじめとする金融機関が利用しています。

ちなみに、当座預金というのは小切手や手形の支払いのための資金を預け入れるためのもので、基本的に金利はつきません。

ただし、日銀は超過準備につく金利として0.1%をつけていました。これが、ある一定額を超えるものについてはマイナス0.1%の金利となるのです。

つまり、いままでもらっていた分を、今度は払わなくてはいけないということ。

なぜ日銀がこんなことをするかというと、金融緩和の一環として行うのです。

日銀にお金を預けている銀行は、これまで利息をもらえましたが、これからは手数料を支払わなければならなくなります。

日銀に預けるメリットがなくなるため、お金を引き出して、企業などに貸し付けて利息を得ようとします。

すると、市場にお金が出まわり、お金が動きます。そうすることで、経済を活性化しようという狙いです。

ただし、実際にその狙いどおりに行くかどうかは未知の部分です。

マイナス金利でマネーライフはどう変わる!?

日本では初となるマイナス金利ですが、欧州中央銀行では2014年から導入しており、スイス、デンマーク、スウェーデンでも導入しています。

その目的は大きく分けて2つあり、自国の過剰な通貨高(日本でいうと円高)を抑えるためと、デフレを防ぐためです。

日銀は2012年以降、お金をたくさん刷ったり、国債を買い取ったりなど、大規模な金融緩和を行ってきましたが、目標とする2%の物価上昇率をまだ達成できていません。

日本のように経済が成熟していると、金融緩和の効果が現れにくいとも言われています。そのため、まずは0.1%のマイナス金利ですが、場合によってはさらに引き下げられる可能性もあるようです。

なんといっても、日本では初の試みとなるマイナス金利。もし日銀の狙いが外れ、銀行が企業にお金を貸し出さないとなれば、お金の動きは生まれず、景気は上昇しません。

それどころかデメリットとして、私たちがお金を預けている銀行預金の金利まで下がってしまう可能性もゼロではありません。といっても、さすがにマイナスになることは考えられませんが……。

逆にメリットを考えると、海外の事例から見ると、住宅ローンなどの長期融資の金利が下がる傾向があるようです。長期間にわたりお金を借りる予定がある人にとっては、明るい兆しかもしれませんね。

ただし、どちらにしてもすぐに動きがあるわけではないので、注意深く見守っていく必要があります。

ちなみに、キャッシングについてはいまのところマイナス金利の影響はないと考えていいでしょう。

金利は私たちのマネーライフにとって大切なもの。たとえ日銀の金利であっても、間接的に影響してくるのです。今後も、景気の動向に気をつけていきたいですね。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2016年2月4日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑