ピンチ!エルニーニョが景気後退を連れてくる!?

今年は冷夏で、経済も冷える?

ロイターのある記事が、日本経済界をざわざわさせているようです。エルニーニョ現象が発生する可能性があり、日本の冷夏をはじめ、世界中が異常気象に見舞われる恐れがあるというのです。

すっかりおなじみとなったエルニーニョ現象とは、太平洋の赤道中央から南米のペルー沿岸にかけて、海水の温度が上昇する現象で、数年に一度の割合で起こり、発生すると半年から1年半ほど続くとされています。

実は、昨年の2014年も、エルニーニョが発生する可能性があると発表され、小売業界を中心に戦々恐々としていたのを覚えていますか?結局、エルニーニョは起こらなかった昨年でしたが、さて今年はどうなるのでしょう……。
 

お金の動きを変えるエルニーニョ

エルニーニョと景気の動向が、密接につながっていることは知られています。過去の例から見ても、エルニーニョが発生すると、その前後に日本経済はきまって後退しています。その仕組みは、日本では冷夏で暖冬になることが多いため、夏は夏物の衣料品が、冬は物の衣料品が売れなくなり、消費が低迷するのです。

昨年をちょっと思い出してください。結局、エルニーニョにはなりませんでしたが、夏に天候不順に見舞われたのを覚えていますか?昨年は4月に消費税が増税となりましたが、なんとか持ち直すと思われていた日本の消費は、夏の天候不順をきっかけに逆に落ちこんでしまったのです。
 

すでにユニクロが影響を受けている

実は、今年に入ってすでにエルニーニョを予想させる出来事が起きています。それはユニクロの売上が、6月に大幅マイナスとなったこと。なんと前年比11.7%減と、2桁のマイナスとなってしまったのです。

エルニーニョの影響は衣料品だけではありません。夏のレジャーをはじめとする娯楽費、ビールや清涼飲料水などの食料、さらに外出しなくなるため交際費などの支出が減ります。

たしかに、夏なのに肌寒くてしとしと雨が降っていると、遊びに出かける意欲もなくなりますよね。
 

さらなる値上げの可能性もあり?

エルニーニョの影響は世界規模で起こり、それが日本で暮らす私たちにも深刻なダメージとなります。例えば、エルニーニョが起こればオーストラリアは激しい干ばつに見舞われる可能性が大。となると、小麦などの穀物価格はますます高騰します。さらに、南アフリカやインドネシアも干ばつとなるため、チョコレートの価格も高騰するでしょう。

値上げされたばかりの小麦やチョコレートが、さらに値上がりする可能性があるのです。
 

コンビニキャッシングは強し!

コンビニなどの小売店は、エルニーニョ対策として、おでんや温かい麺など、ひと足早い季節商品を前倒して販売するのが一般的です。

コンビニは気温の変化を受けやすいのですが、おいしい食べ物とコンビニATMによって、客足が離れるのを防いでいると見られています。例えば、セブンイレブンは来店客の10分の1がセブン銀行のATMを利用しているともいわれています。

キャッシングの利用者も、コンビニATMを常用している人が多いようですね。1店でいろいろ済ませられるコンビニは、天候不順でも強いのかもしれません。
 

エルニーニョへの対処法は?

では、一般消費者は何をしたらいいのでしょう……?
残念ながら、コレといった対策はないようです。ただ、いろいろなものが値上がりする可能性があることを知っておきたいもの。特に、エルニーニョが起これば、野菜や米の価格高騰は免れません。また、水不足の恐れも出てきます。

ただ、エルニーニョが発生したからといって、日本が必ずしも冷夏になるとは限りません。エルニーニョに備えつつも、必要以上にびくびくせず、夏を楽しみたいですね。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2015年7月23日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑