飢える日本!!キャッシングは何ができるか!

「日本は豊かな国」と言われていますし、実際にそう思っている方が多いと思います。ところがいま、日本に深刻な貧困が広がっています。ある調査・分析によると、日本では20人に1人が、十分な食料・飲料のない状態で過ごした経験があるという結果が出ました。この1年間で、国民の20人に1人が「飢え」を経験しているのです。
この調査・分析から明らかになった日本の貧困率は、OECD(経済協力開発機構)に加盟する34か国のなかで6番目に高く、特に子供の貧困率は16.3%と過去最悪になりました。また、飢えの経験者を学歴・年齢で分類すると、最も高かったのが義務教育卒の30歳未満で17.9%、同じく30~40歳代の16.9%が続き、この層の3人に1人が飢えを経験していることになります。

ホームレスになった人からよく「自分がこんなふうになるとは思わなかった」「予期せぬ出来事が重なり、気づいたら家を失っていた」といった話を聞きます。いまは何不自由なく暮らしている人も、思いがけないアクシデントによって、いつ飢えに直面するかわからないのです。
そんなギリギリの状態に陥る前に、キャッシングという方法があるのを思い出してください。例えば「1か月後にはお金が入るのに、それまでの生活ができない」というときにおすすめなのは「初めて利用する方は30日間無利息」といったサービスを行っている企業。また「しばらく生活が苦しいから、少しずつ返していきたい」という人は、利息無料サービスに加え、金利の低い企業を選ぶのがよいでしょう。

人間、追い詰められると思考力が低下し、正しい判断ができなくなります。ギリギリの状態になる前に、万が一に備えて「自分に合った企業やキャッシングの方法」を考えておくといいかもしれません。例えば、同じ5万円をキャッシングするとしても、どの企業から借りるか、どのように返済するかで、利息のかかり方が変わってきます。
また、備えているつもりでも、先のことは見えない時代です。生活に追いつめられたとき、いくらかのお金で救われることは少なくありません。そんなときのために、生活に余裕のあるうちに、キャッシングのカードだけでも作っておくといざというとき安心です。

世界では、1分間に17人が餓死しているといいます。一見、日本とはかけ離れた話に感じますが、日本でも若年の低学歴層に飢えが集中しています。日本は全体的には豊かなため、貧困に直面する少数層が見えにくく、どうしても他人事として捉えがちです。
まずは、貧困の問題にきちんと向き合うところからはじめたいですね。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2015年2月19日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑