しないと損する!?確定申告

2月17日から確定申告の受付が始まりますが、「会社員だから関係ない」と思っている人もいるのでは?そう思い込んでこれまで確定申告をせず、損している 人は意外と多いのです。消費税引き上げや値上げラッシュを控えたいま、ほんとうに確定申告をする必要がないのか確認してはいかがでしょう。

会社員の場合、必要なのは払い過ぎた税金を返してもらう「還付申告」。まずは、医療費をチェックしてみましょう。昨年1年間で、自分や家族にたくさんの医 療費がかかってはいませんか?1年間で合計10万円以上の医療費を負担した場合(所得が200万円未満の人は所得の5%)、医療費控除の対象になります。 ただし、医療保険の給付金が支払われた分は差し引きます。風邪で病院にかかる程度であれば、10万円は超えませんが、手術や入院、インプラントや歯科矯正 などをしたのであれば、10万円を超えている可能性大。まずは、領収書を整理することから始めましょう。このときバスや電車など交通公共機関を使ったので あれば、その交通費も対象になります。また、意外と知られていませんが、市販薬も控除の対象。ただし、サプリメントは対象外です。

そして、もうひとつ。住宅ローン控除もお忘れなく!一定の要件を満たす住宅を10年以上のローンで購入した人は、年末のローン残高の1%(最大20万円)が減税されます。住宅ローンについては「くらべる君」のコンテンツもチェックしてくださいね。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2014年2月14日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑