夢を叶える?クラウドファンディング

「クラウドファンディング」を知っていますか?いま、日本でも注目されはじめているシステムで、日本語に直訳すると「大衆からの資金調達」という意味になります。

例えば「いいアイデアがあるのに、銀行に融資を頼めるほどではない」「画期的なプロジェクトを起ち上げたいのだが、資金が足りない」。こんなケースのとき、アイデアやプロジェクトに賛同してくれる不特定多数の人たちに資金の提供をお願いするのです。

クラウドファンディングは、主にインターネット経由で行われ、「READYFOR?」「ShootingStar」「CAMPFIRE」などが有名ではないでしょうか。

プロジェクト内容は実に多彩です。閉校した校舎を学び舎として再生するというもの、魅力的な本棚を作って奇跡の本屋にしたいというもの、アクセサリーを作 る事業資金を募るもの、車椅子マラソンを始めたい人への支援を求めるもの、被災地への支援を求めるもの、途上国へ医師を派遣するためのものなど、その内容 はビジネスから社会貢献など多岐にわたります。プロジェクトを起ち上げる場合、あらかじめ100万円や500万円などと目標金額を設定し、その金額に達成 してはじめてプロジェクト成功となるのです。

そして、サポートする側にもいろいろなパターンがあり、募金や寄付のほか、資金提供の金額に応じて何かしらの報酬(商品やサービス)を受けられるものもあります。

来年の春から消費税が8%に引き上げられますが、支払った税金が何に使われるのか明確ではないために、さまざまな不満や不信が生まれます。それに比べてク ラウドファンディングは、投資(または寄付や募金)したお金が、何にどう使わるのかが明確なため、自分が応援したプロジェクトに貢献していると実感できる のも魅力のようです。

日本ではこれから本格的な広がりを見せると予想されているクラウドファンディング。プロジェクトを起ち上げる側としても、サポートする側としても、積極的に参加してはいかがでしょうか。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2013年10月25日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑