銀行口座にも時効あり!

あなたのうちには長いあいだ使っていない通帳や、忘れたままになっている口座はありませんか?

何年ものあいだお金の出し入れがなく、取引のない預金口座 を「休眠口座」または「睡眠口座」といいます。何年たったら休眠口座の扱いにするのかは、銀行や商品によって異なりますが、目安は取引がなくなってから5 年または10年です。

口座に預けたお金は何年たっても自由に引き出せると思っている人が多いようですが、法律的には大間違い。銀行は5年間、信用金庫などは10年間、取引がな いと払戻しの意志がないとみなされ、休眠口座扱いになり、時効が成立してしまうのです。時効が成立すると、口座のお金は銀行のものになってしまいます。
とはいっても、実際には自主ルールにより、休眠口座でも払戻しや解約に応じている銀行がほとんどなのでご安心を!なお、解約する際は「通帳」「登録した印鑑」「本人確認書類(運転免許証など)」が必要です。

ただし、例外もあります。例えば、民営化になる前の郵便貯金。定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金は、満期の翌日から20年間取引がなく、催告書で 知らせても取引がないままだと、2か月後に権利がなくなります。なお、郵便貯金でも通常の貯金の場合、休眠口座扱いになっても払戻しはできます。
日本は口座開設がしやすいため、さまざまな金融機関の通帳を何冊も持っている人がほとんどです。また、家賃や月会費などの引き落としのため、新しい口座を 作らなければならないこともあります。そのため「いつのまにか使っていない通帳がたくさん……」なんてケースも珍しくありません。一度、通帳を整理し、何年も使っていない口座は解約するなどして金銭管理してはいかがでしょう。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2013年8月2日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑