金運と財布の「なるほど!」な関係

あなたは自分が使っている財布にこだわりを持っていますか?ひと口に財布といっても、長財布や二つ折りのもの、革製や布製、ビニール製などさまざまで、値段も数百円から数十万円までと多種多様です。

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(サンマーク出版)という本が話題になりましたが、著者であり税理士でもある亀田潤一郎さんは、若いころ、ある会社 の社長に「キミのような財布を使っている人に仕事は任せられない」と言われたそうです。そのとき亀田さんが使っていた財布はビニール製の安物で、ところど ころ破れ、レシートや領収書でパンパンに膨らんでいました。その出来事をきっかけに亀田さんは、成功する人と財布の関係に興味を持ち、500人以上の財布 を観察しました。

亀田さんいわく、成功している人の財布には共通点があるとのこと。それは、長財布であり、すっきりと薄く、新品同様にきれいであることです。財布には、持 ち主のお金に対する姿勢が現れ、そしてお金にとって財布はホテルのようなもので、居心地よくしてあげることでまた戻ってくるといいます。

確かによく「金運を呼ぶのは長財布」といわれています。それは、お金を折りたたむことなく大切に扱うという態度が、財を築くための基本だからといえるで しょう。また、レシートや領収書、使わないポイントカードやキャッシュカードで膨れ上がった財布は、お金が出ていきやすいといいます。レシートや領収書は その日のうちに整理し、ポイントカードやキャッシュカードはよく使うものだけを入れておくようにし、財布のスリム化を図りましょう。小銭は長財布には入れ ず、別にコインケースを持つのがおすすめです。すっきりした財布は、お金が管理しやすくなるため、無駄な出費も防げます。

ちなみに、亀田さんによるとその人の年収は、持っている財布の200倍の値段に相当するそうですが、さてあなたの財布はいくらですか?

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2013年6月10日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑