ヤミ金の指示で強盗!

おなじみの牛丼チェーン「すき家」といえば、業界最安値を狙う低価格とともに、最近では「強盗によく入られる店」というイメージが定着してしまいました。
2011年1月から9月に全国の牛丼チェーンで発生した強盗事件は71件で、そのうちの9割にあたる63件がすき家でのもので、警察が防犯強化要請をしたものの被害は減りませんでした。
その理由は、人件費節減のため深夜の時間帯でも店員はひとりだけで、人通りの少ない郊外にも店舗があることが挙げられています。
先月、すき家に強盗に入った25歳の男が逮捕されました。その男は、金を借りたヤミ金業者から「強盗して金を返せ。すき家の強盗はどこも成功しているか ら、おまえもやれ」と言われて従ったとのことです。2つの業者から、2万~3万円を借りたと供述しているそうですが、その返済の代償が強盗致傷罪とはあま りにも大きすぎます。正常な判断ができないほど精神的に追い詰められていたのでしょうか?
なお、すき家を運営するゼンショーは、来年3月までにすき家全店で、深夜のひとり勤務体制を解消するとのことです。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2011年11月18日
 
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑