提出書類で審査結果が変わる!? 【キャッシング審査入門】

保証人

お借入に必要な書類といえば、免許証などの「本人確認書類」と源泉徴収票など収入が確認できる「収入証明書類」が必要となりますが、0万円以下の融資の場合は収入証明書の提出が不要となる場合があることをご存知でしたか!?

銀行カードローンでは、希望するお借入限度額が50万円未満であるか、他社での借入総額が100万円に満たない場合には、お借入時の収入証明書類の提出が原則的に不要となるところも多いのです。

一方で、消費者金融も負けてはいません!収入証明書が原則不要と言う所も多い中、収入証明書が揃っていれば即日振込みが可能であるというスピード面には銀行よりも一日の長があります。消費者金融も銀行カードローンも実際は一長一短なんですね!
収入証明書が必要かどうかは、申込前に確認すると良いでしょう。

本人確認書類で審査が変わる?

さらに、本人確認書類で何を提出するかによっては、そのお借入の審査がスムーズになる可能性があることを知っていましたか!?
本人確認書類として低い評価とされるのは「住民票」です。なぜなら住民票は請求すれば誰でも取得できるからです。次に「国民健康保険」の場合は自営業の方やアルバイトなど非正社員も所持することができ、所持者の中で所得にバラつきがあります。

一番評価が高いものとしては、「共済保険・組合保険・社会保険」といえます。これらは、企業に勤めていると入れる保険であるため、勤め先、勤続年数が把握できることにより、スムーズになるとも言われています。更に免許証と合わせると信用度が高まりそうですね!
是非これを参考にお借入で何を提出するか、見直してみるといいですね。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2012年8月17日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑