審査のしくみ ?信用情報機関とクレジットヒストリー 【キャッシング審査入門】

信用情報機関。なにやら物々しい名称ですが、これはキャッシングの審査には必要不可欠な外部の機関です。この信用情報機関には、キャッシング利用者の情報が登録されています。
では、どういった情報が登録されているのでしょう。

1. 個人情報
氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先 など
2. 借入情報
借入日、借入金額、完済日 など
3. 事故情報
延滞があれば延滞に関する情報 など

点数が高い 点数が低い
勤務先 大企業・公務員 自営・パート
勤続年数 長い 1年未満
年収 400万円以上 200万円未満
家族構成 家族と同居 独身で家族と別居
住居形態 持ち家 公営住宅
居住年数 長い 短い
他社からの借入金額 少ない 多い
返済履歴 延滞なく返済 事故情報あり

もちろん、キャッシングを利用したことがある人の情報しか登録されていません。キャッシングの企業は、その情報をチェックして、融資できるかどうか、またいくら融資するのかを決めるのです。

事故情報は、その内容によって掲載される期間が異なります。短期間の支払延滞も何度も繰り返していると記録される場合があるので注意が必要です。

●支払予定日より3ヵ月間支払いが遅延した場合…5年間
●自己破産…7年~10年間
●任意整理…5年間
●特定調停…5年間
●過払い金請求…5年間
●個人再生…5年間

クレジットヒストリーを扱う信用情報機関

お金を借りるうえで、クレジットヒストリーはとても大切です。
このクレジットヒストリーを情報として扱う機関は、大きく分けて3つあります。

●シー・アイ・シー(CIC)
クレジットカード会社が中心。消費者金融、信販会社なども。

●日本信用情報機構(JICC)
→消費者金融が中心。クレジットカード会社、保証会社なども。

●全国銀行個人信用情報センター(KSC)
→銀行、信金、農協などが中心。

このなかで最も情報量が多いのが、ほとんどのクレジットカード会社が利用しているCICです。

3つの機関はそれぞれ独立していて、データベースも個別ですが、重要な情報は共有できるようになっています。

それが、いわゆる「ブラック」と呼ばれるネガティブ情報(事故情報)です。

ですから、延滞や滞納を繰り返し、クレジットヒストリーに大きな傷がついてしまった人は、お金を借りたり、ローンを組んだりすることができなくなってしまいます。

信用情報機関であるJICCでは、以下の4つを「キーワード」として掲げています。

 1.全件登録
消費者の信用力を正確に把握するためには、クレジットやローンなどの信用取引に関する信用情報が会員会社から全て登録されることが重要です。JICCでは設立以来、信用情報が一元的に集約されていることが信用情報機関の基本原則を捉え、信用情報の整備に努めています。

 2.信用情報の名寄せ
JICCでは、会員会社から登録された信用情報を顧客単位で管理しています。公的な個人識別コードが民間では使用できないことから、JICCは同一顧客を独自のコードにて名寄せする仕組み(システムによる自動名寄せと担当者が確認を行う人的名寄せ)を構築しています。

 3.リアルタイム更新
借入状況が日々刻々と変化するなか、常に信用情報が最新の状態を維持できるように、会員会社からの情報更新には多様な登録方式を設け、速やかに更新される仕組みを構築しています。

 4.情報精査
一定期間更新のない情報や入力エラーなどになった情報は、登録元会員会社に確認などを行い、信用情報の正確性の確保に努めています。

(同社ウェブサイトより抜粋)

これを見ると、ある消費者金融1社で返済が滞り、事故情報に載った場合には、顧客単位の「名寄せ」によって他社にもその情報が伝わる、ということがわかりますね。

キャッシングの審査は、信用情報だけで決まるわけでは無い

信用情報機関は、外部の機関です。それぞれの企業の内部にも、過去のデータにもとづいた与信システムが確立されています。この与信システムというのは、過去の利用者の中から、申込者に最も近い(似ている)人物をモデルとしてピックアップし、そのモデルの利用状況を見たうえで、申込者の今後を推測するという方法です。

つまり審査の結果は、外部の信用情報機関の情報、内部の与信システムの結果、さらに本人確認などによって決定するのです。
ここで、もうひとつおまけ情報。このほかにも、保険証が社会保険か国民保険かによっても審査は左右されることがあるようですよ。

 

公開日:2006年9月1日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑