キャッシングの審査に通る人・落ちる人 【キャッシング審査入門】

キャッシングやローンの審査に落ちたらショックですよね。「自分は絶対大丈夫!」と思っている人ほどショックは大きく、不安にもなります。「延滞していないのに…」「どこからも借りてないのに…」「まさかブラックリストに載ってたりして」などといろいろ想像してしまいます。
キャッシングやローンなどお金を借りるときに大切なのが、信用情報というもの。この信用情報の内容は大きく2つに分けられます。1つが「属性情報」といわれるもので、氏名、生年月日、勤務先、年収といった個人にまつわるもの。もう1つが「支払情報」で、キャッシングやローンの利用情報です。
信用情報を扱う機関は、主に3つあります。
●CIC →消費者金融クレジットカード会社、信販会社など
●JICC →消費者金融、クレジットカード会社、保証会社など
●全国銀行個人信用情報センター →銀行、信金、農協など
上記の3つの信用情報機関は、支払いの延滞情報などを共有しています。
キャッシングやローンの審査が通らなかったことに納得できなかったときは、自分の信用情報を確認するのもひとつの手。それぞれの情報機関のホームページに申し込み方法が記載されているので、それに従って情報開示の請求をしてみましょう。

最近増えているのが、気がつかないうちに延滞を繰り返し、いわゆるブラックリストに載っているケース。なかでも多いのが、クレジット契約で購入したスマホの返済の遅れ。「少額だから…」「少しくらい遅れても平気」と軽く考え、延滞を繰り返した結果、ブラックリストに載ってしまう若者が増えています。
延滞情報は、CICだと5年間、JICCだと1年間記録が残ります。この間の新たなキャッシングやローン契約はむずかしいので気をつけましょう。

よく、キャッシングやローンを利用すると信用情報が悪くなるのでは……と思われがちですが、それは大きなまちがい。逆に、どこからも借りていないのに審査に通らなかったというケースも少なくありません。キャッシングもクレジットも利用したことがない人は信用情報がない状態です。お金の実績がない人には金融機関もお金を貸したがりません。特に、中高年になってからはじめてキャッシングやローンを利用しようとする場合、ハードルが高くなると考えていいでしょう。
いざというとき困らないためには、お金にまつわる信用情報を積み上げていくことが大切です。そのためには、キャッシングやローンは身の丈に合った金額を計画的に利用し、延滞することなくしっかりと返済することが基本中の基本です。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2015年6月11日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑