30歳過ぎて「どこからも借りたことがない」は不利? 【キャッシング審査入門】

融資のタイミング次第でで借りても得する

ブラックの反対?金融業界のホワイトってどんな人?

キャッシングクレジットカードで延滞の経験がある人は、新たな借り入れをするとき、「ブラックになってないかなあ」と心配することがあるようです。「ブラック=審査に落ちる」という方式は常識ですよね。

一般的には、3ヵ月以上延滞をするとブラック(=事故情報)扱いになります

ところで、金融業界にはブラックだけではなく、「ホワイト」という言葉があるのを知っていますか?

「ブラックの反対だから、ホワイトは事故情報のない人のこと」と考えたあなた。

大正解です!

さらに、ホワイトのなかには「スーパーホワイト」と呼ばれる人たちもいます。
どんな人たちだと思いますか?

審査を左右するスコアリング

その前に、キャッシングのスコアリングについてふれておきましょう。

キャッシングの審査基準に、スコアリングシステムというものがあり、これは与信評価システムともいいます。

最近、キャッシングは申し込みから契約までとてもスピーディですよね。最短30分を謳っている企業も少なくありません。

わずか30分でどうして審査が完了するのかというと、ここにスコアリングシステムが関係しています。

スコアリングシステムは、申込者の属性をコンピュータで自動的に点数化するシステム。点数が高いほど審査に通りやすくなります。スコアリングがスピード融資を支えているのです。
スコアリングで評価される属性とは?

スコアリングで判断される主な属性(項目)には、

点数が高い 点数が低い
勤務先 大企業・公務員 自営・パート
勤続年数 長い 1年未満
年収 400万円以上 200万円未満
家族構成 家族と同居 独身で家族と別居
住居形態 持ち家 公営住宅
居住年数 長い 短い
他社からの借入金額 少ない 多い
返済履歴 延滞なく返済 事故情報あり

などがあります。

スコアリングの点数は、残念ながらすぐに上げることはできません。しっかりと返済することで、少しずつ信用を積み上げていくのが最善の方法です。

ブラックより借りられない!?スーパーホワイトの悲劇

さて、スーパーホワイトに話を戻しましょう。

スーパーホワイトという響きから、超優良顧客をイメージする人もいるかもしれませんね。

スーパーホワイトとは、いままで一度もキャッシングやローンなどの金融サービスを利用したことがない人

そのため、信用情報がありません。現金主義の年配者に多いようですね。

実はこのスーパーホワイトは、ブラックと同じくらい審査に通りにくいという説があります。

誤解されがちなのは、キャッシングやローンを利用したことのない人のほうが融資を受けやすいのではないかということ。ところが真逆で、そういう人たちには信用情報がないので、正当な審査をすることができません

特に、ブラックよりも審査に通りにくいといわれているのが、高齢のスーパーホワイトです。ちなみに、高齢といっても70歳や80歳のことではありません。

金融の世界では30歳を超えると、高齢扱いされてしまうのです

つまり、30歳を超えるまで一度もキャッシングやローンを利用したことがない人は、融資を受けられない可能性があるといえます。

脱・スーパーホワイトの方法!

さて、勤務先にも年収にも問題がないはずなのに、なぜか審査に通らず、その理由がさっぱりわからない……。
初めてのキャッシングのとき、そんな経験をしたことがある人は、

もしかしたらスーパーホワイトではありませんか?

これまでローンなどを利用した覚えがなければ、その可能性が高いといえるでしょう。

高齢のスーパーホワイトの人が、キャッシングやローンを利用するには、まず信用情報を作ることが大切です。

いちばんおすすめの方法は、会社員であれば、給与振込先になっている銀行のカードローンを作ること。

また、スマホの買い替えのときは機種代も分割払いにする方法もあります。もちろん、延滞することなく、毎月しっかり支払わなくては意味がありません。

30歳を過ぎて、いざというとき「どこからも借りられない!」という事態を避けるためにも、信用情報はこつこつと積み上げていきたいですね。

公開日:2016年5月12日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑