キャッシングの審査に落ちたらすべきこと

キャッシングカードローンの審査に落ちて、いい気持ちがする人はいません。
不満や不安はもちろん、金融機関に対して「なんで!?」と怒りを覚える人もいるでしょう。

それはどこの国でも同じこと。アメリカでは7割の人が「二度と利用しない」と答えているほどです。

といっても、お金が必要なとき、怒ってばかりでは先に進みません。
キャッシングの審査に落ちたとき、するべきことはなんでしょう。

「審査落ちは屈辱的」は万国共通の感情

アメリカ人は、クレジットカードの審査に落ちたときの反応が想像以上に厳しい――。
ZUU online(2016年11月7日)にこんな興味深い記事が載っていました。

審査落ちの屈辱感が強いことは、次の回答結果からもうかがえます。

「審査の通らなかった金融機関のクレカ関連商品は二度と検討しない」→70%
「審査の通らなかった金融機関自体に悪印象をもつ」→39%

つまり、7割の人が「もうおまえのところでカードなんか絶対に作らないからな!」という悪印象を持つということです。

そして、審査落ちのことを家族や友人に言うのが恥ずかしいと感じる人は半数近くにもなりました。

では、審査に落ちたとき、どんな気持ちがするのでしょう。

苛立ち→36%
挫折感→33%
当惑→32%
立腹→22%

怒りを感じながらも、自己否定された気分になり、「どうして落ちたんだろう」「これからどうすればいいんだろう」と戸惑う人がほとんどということが明らかになりました。

これは、日本でも同じことですね。
審査に落ちると、誰もがネガティブな気持ちになってしまいます。

アメリカは審査落ちの原因を教えてくれる!

shin12_score-min日本とアメリカのちがう点は、日本は審査に落ちてもその理由を教えてくれませんが、アメリカでは落ちた理由を明らかにする義務があるということです。

ただ、アメリカ人でそのことを知っているのは49%と半数にも満たないそうです。
そのため、審査に落ちた原因を誤解している人が少なくないといいます。
たとえば「カードの所有枚数が多すぎる」「以前の審査結果の影響」などです。

アメリカは、クレジットスコア(信用度を数値化したもの)がものをいう社会。返済履歴や借入残高、クレジットカードの種類や枚数などいくつもの要素からはじき出される偏差値で、このクレジットスコアが審査に通るか通らないかを決めるといっても過言ではありません。

アメリカの場合、クレジットスコアが高い人は低い金利で借りられ、反対にクレジットスコアが低い人は高い金利でしか借りられません。

ですから、審査に落ちて次の金融機関に申し込む場合、金利などの条件が悪くなることが多いようです。

審査に落ちたらどうするべきか?

日本の場合、審査に落ちたらどうすればいいのでしょう。
金利が多少高くても、すぐに次の金融機関に申し込めばいいのでしょうか。

そこでも落ちたら、また次に申し込む?

それは危険な行為です!

短期間に複数の金融機関に申し込むのは「申し込みブラック」といって、もっとも怪しまれる行為です。借りられる可能性はほとんどゼロに近いといえます。

審査に落ちると頭に血が昇るかもしれませんが、ひとまず落ち着いて落ちた原因を分析してみることが大切です。

審査落ちの原因を探ってみよう!

shin12_check-min自分が審査に落ちた原因を知らないと、審査落ちのループから逃れることはできません。
審査落ちの原因として多いのは以下のとおりです。

・年収の3分の1ぎりぎりまで借りている
・3社より多い金融機関から借りている
・返済を滞納したことがある
・一度に複数の金融機関に申し込んだ
・任意整理や自己破産を行った
・携帯電話の支払いを滞納した

心あたりがないときは、自分の個人信用情報を見てみるのもひとつの方法です。
個人信用情報には、契約内容や支払状況などが載っています。

・JICC(日本信用情報機構)
・CIC(シー・アイ・シー)

ほとんどの場合、この2つの信用情報機関を確認すれば、自分の信用情報がわかります
開示請求は、直接窓口に行くか、郵送でもできます。JICCはスマホでもOKなので便利ですね。

情報開示は、審査に落ちたときだけではなく、新たに申し込む前にするのもおすすめです。
自分の信用情報をしっかり確認することは、審査落ちを防ぐことにつながります

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年2月2日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑