ブラックリストはどんなリスト? 【キャッシング審査入門】

返済の延滞をすると、よく「ブラックリストに載ってしまうかも?」などと言いますが、さてブラックリストとはどのようなリストで、どのような内容が記載されているのでしょう。呼び方から想像すると、要注意人物が書かれた黒い表紙の極秘名簿といったイメージですね。
ところが実をいうと、ブラックリストというリストは存在しません。では、なぜブラックリストと呼ぶのかというと……。

キャッシングの企業は、顧客情報を信用情報機関に登録しています(詳しくは業界コラム5参照)。登録する内容は、名前や生年月日といった個人情報から借入情報や事故情報などです。キャッシングの企業はこういった情報を見ることができ、また反対 に正しい顧客情報を登録することが義務づけられているのです。そこには、借入や返済などの取引内容も含まれています。ですから、返済が遅れるとすぐにわ かってしまうのです。
話を戻しますが、ではなぜブラックリストと呼ぶのか。もともと顧客情報のうち通常の情報を「ホワイト情報」、延滞などに関する事故情報を「ブラック情報」 といい、ここから「ブラックリストに載る」という言い方が生まれたのです。

返済日から3ヵ月以上遅れると、ブラック情報として延滞の事実が登録されます。これがいわゆる「ブラックリストに載る」ということです。その後、たとえきちんと返済しても、この延滞のブラック情報は数年のあいだ消えません(通常5年間と言われています)。そして、キャッシング業界では、利用者の支払い状況を非常に重要視します。ですから、新たなキャッシングを申し込もうとしても審査で不利になってしまうわけです。
また、ブラック情報には延滞だけではなく、債務整理、調停、破産などのすべての事故情報が登録されます。

決められた期日までに借り入れ金の返済がなく、ある一定期間返済が滞ったり、返済を済ませずに自己破産したりした場合、

「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報とも呼ばれます)」として、それぞれの機関にその情報が記録されます。

要するに、「ブラックリスト」という名前の書類は存在しませんが、信用機関に登録されている「事故情報」のリストは存在します。「ブラックリスト= 事故情報」という意味では、そういった情報は「存在する」といえます。正式な書類ではありませんが、事故を起こしてしまった人の通称ということです。

借りられないからもっと審査のゆるいところで……これを繰り返していると、怖~いヤミ金融に手を出して取り返しのつかないことになってしまいますよ。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2006年9月29日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑