金利を正しく知れば怖くない!キャッシング攻略法

キャッシングとは切っても切り離せない関係なのが「金利」。

ところが、金利について正しく理解していない人も少なくありません。金利について知らないと、気づかないうちに損をしていることもあります。

今回はキャッシングの基本に立ち返り、金利についてご説明したいと思います。

意外と知らないキャッシングの基礎知識

あなたは、次の質問に答えられますか?

「金利と利息はどうちがうの?」
「金利と年利はどうちがうの?」
「金利と利率はどうちがうの?」
「金利と利子はどうちがうの?」

意外と答えられない人が多いかもしれません。

ここで出てきた単語は5つ。「金利」「利息」「年利」「利率」「利子」です。
まず、この5つから説明していきましょう。

「金利」を知ればキャッシングは怖くない!

riso5_kinri

●金利

お金を借りるときについてまわるのが「金利」。
金利は、お金を借りたときに相手に支払うお金(=利息)の割合。「%」で表示します。
通常、1年単位の割合を指します。

●利息

「利息」は、実際に支払うお金のこと。金利に沿って算出されます。

<例えば>

・「10万円」のお金を「15%」の金利で「1年間」借りたとします。その際の利息は、このように算出します。

10万円(元金)×0.15(金利)=1万5000円(利息)

・では、同じ金額と金利で「1週間」借りたときは?

10万円(元金)×0.15(金利)÷365(1年間)×7(借りた日数)=287円(利息)

●年利

「年利」は金利を1年間で換算したものです。
特に記載がない場合、年利と金利は同じ意味になります。

厳密にいうと、金利は「年利」のほかにも、月利(1ヵ月単位)、日歩(1日単位)もありますが、キャッシングでは用いられません。

ただし、悪徳なヤミ金だと法外な日歩を請求することがあるので注意が必要です。

●利率

「利率」も年利同様、金利と同じ意味で用いられます。
つまり、借りたお金(元金)に対する1年間で発生する利息の割合のことです。

●利子

「利子」は利息とほぼ意味で用いられますが、立場によって使い分けられます。

・利息~支払うお金
・利子~受け取るお金

キャッシングをしたときに利用者が支払うのは「利息」で、キャッシング会社が受け取るのは「利子」になります。

<金利まとめ>

キャッシングに関しては、次のように覚えておくといいでしょう。
「金利=年利=利率」
「利息=利子」

「実質年率」の「実質」って何?

キャッシングの表記で必ず目にするのが「実質年率」「実質年利」「実質金利」という言葉。これらはすべて同じ意味です。

消費者金融や銀行がお金を貸すとき、さまざまな事務手続きが必要です。融資するお金以外にも、手数料や保証料、印紙代などがかかっているのです。

riso5_rate

参考元:SMBCモビット 金利・手数料

実質年率は、金利にこうした諸費用をプラスしたもの。
実質年率の表記がある場合は、返済額に「元金」「利息」「諸費用」が含まれていることになります。そのため、返済額以上の費用を支払う必要はありません。

法律では、消費者金融は金利を実質年率で表示することが義務付けられています。

期日厳守で払わないようにしたい「遅延損害金」

返済期日までに返済しなかったときに発生するのが「遅延損害金」です。実質年率と同じように、キャッシングの貸付条件として記載されています。

遅延損害金は、遅延利率で計算され、上限金利の1.46倍まで定めることが認められています。

上限金利20%だと、29.2%の金利になります。これは、グレー金利が撤廃される前の上限金利と同じなので、かなり高い金利といえます。

遅延損害金を請求されないためにも、返済期日は絶対に守るようにしましょう。

キャッシングは「上限金利」をチェックすること

現在、上限金利は法律で次のように定められています。

元金 金利
10万円未満 年20%まで
10~100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

また、企業によっても金利に差があります。

企業 金利
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
みずほMyWing 12.0%~14.0%
埼玉りそな銀行プレミアムカードローン 3.5%~12.475%
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9%

キャッシングをするときは、上限金利に目を向けることが大切です。
適用される金利は、借入金額や申込者によって変わってきます。

一般的に、借入金額が多いほど金利が低くなります。また、申込者の信用度が高いほど金利が低くなります

適用金利は申し込んだ後に決まるため、まずは上限金利をチェックするようにしましょう。

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2016年10月20日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑