短期なら貯金よりもキャッシング【キャッシング金利・利息入門】

キャッシングというと、支払利息が高い!と思われている方も多いかもしれません。しかし、使い方を工夫すれば実にお得にお金を借りることができるのです。その一つが、「借入期間が短いなら断然キャッシング」というウラワザです。info03_img01

お仕事後の夜のお誘いや、休日早朝からの接待、旅行やデートなど、突然の交際費は避けたくてもなかなかそうはいきません。
お金を使い過ぎないように、銀行ATMからちょこちょこ引き出す方も、予想以上に使ってしまって足りなくなってしまった方も、すぐに引出せればいいですが、お勤めしているとそれも難しいですよね。
大抵、コンビニや銀行で引き出すのは、お仕事終わりの夕方以降か、お休みの土日。
つまりは手数料がかかる時間帯が多くなってしまいます。
最近は銀行や残高によって、手数料が数回サービスされる所もありますが、大体は1回につき108円(平日昼間)~216円(時間外)かかることになります。それくらい金額なら安いものとして捉えますか?
いえいえ、とんでもありません。

実はお得な「キャッシング」の計算式

時間外の引き出しを毎週末したとしましょう。すると、
216円*4回=864円
何も得ず、一か月に1,000円もの出費となります。

さらに年間だと
864円*12ヵ月=約10,000円!!
飲み代や食費が出てしまいます。もったいないと思いませんか?

引き出したい金額が通帳の残高が残っており銀行で手数料をかけるのであれば、もっと良い方法があります。それは意外なようですが、キャッシングです。
例えば土曜日に10,000円を銀行から引出そうとすると、手数料216円かかります。
しかし、キャッシングの場合、キャッシングの金利が17.8%だとして、土曜日に10,000円借りて、月曜日に返済すれば、かかる利息はたったの15円。

金利計算式 → 10,000×17.8%÷365[366]日×3日=14.63014円
※1円未満切り捨て

銀行手数料と200円も変わります。
15円なら、年間でも15*4*12=720円
銀行手数料の1か月分よりも少なく、これはお得!

平日昼間がお忙しい方には一枚は必見!

銀行に預けている自分のお金を引き出すだけなのにキャッシングより高い手数料を取られる・・・
なんだか理不尽だと思いませんか?そんなワケで、短期間の借入の場合はキャッシングの方が断然オトクということもあるのです。
これなら返済手数料が心配な方も、安心。
提携ATMやローン無人機なら返済手数料が無料のキャッシングも多いのです。
金曜の夜や土日に借りても、週明けに返せばキャッシングの方が断然お得。
どちらが節約なのか、一目瞭然ですね。
キャッシングカードを一枚作っておけば、預金残高を引出すのと同じようにできて、さらに節約できる、とってもお得で便利になること間違えなし。
お金を借りるのではなく手数料を節約しているという発想です。
ATM利用が多い方には特にオススメ!
これを機に、キャッシングカードを一枚作っておいてはいかがでしょう。

公開日:2014年4月15日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑