多重債務からの脱出1 任意整理

「このままだと返済できない!」「返済するためにオカネを借りなきゃ!」「返すメドがつかない!」こういう状況に陥ったら、借金を整理することを考えなくてならない時期といえます。そのまま放っておくと、取り返しのつかないことになってしまいます。

任意整理とは、いくつかある借金整理法のひとつで、簡単にいうと「借金の金額をまけてもらう」ことをいいます。その方法は、弁護士などに委任して、債権者 と交渉してもらうのです。自分で交渉することもできますが、そう簡単にはいかないので、プロにお任せしたほうがよいでしょう。

弁護士は、債務者と直接交渉します。裁判所は利用しません。依頼者の返済能力に合った金額になるよう、債務者にかけ合うのです。よく行われるのが、利息を計算しなおした上での減額の交渉です。つまり、最近問題になっている、いわゆる「グレーゾーン金利」です。
利息制限法によって金利は決まっています。借入れが10万円未満の場合は年20%、10~100万円未満は年18%、100万円以上は年15%です。とこ ろが、ニュースなどで取り上げられているように、これよりも高い出資法の29.2%で融資している貸金業者は少なくありません。なので、利息制限法で計算 しなおし、多く支払っている場合は減額してもらうというわけです。

任意整理の流れは、だいたい次のようなものです。

1 すべての借金について明らかにします。いつ借りたのか、どこから借りたのか、いくら借りたのか、いくら返済したのか、いくら残っているのか、など、正直に弁護士に打ち明けることが大切です。
2 出資法の金利(29.2%)で利息を支払っている場合は、利息制限法で計算しなおします。
3 今後どのように返済していくのか、返済能力に合わせてプランを作ります。
4 債権者が、合意すれば和解です。新しい返済プランで支払っていくことになります。

任意整理をするとその情報が登録され、5~7年ほどは新たな融資は受けられなくなります。たまに「ブラックの方OK!」などというチラシを見ますが、ほぼヤミ金融にまちがいないので絶対に手を出さないようにしましょう!せっかくの借金整理がムダになってしまいますよ。
次回は「多重債務からの脱出2」として、特定調停についてお届けしたいと思います。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2007年5月25日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑