多重債務と多重債務者

多重債務とは、複数の金融会社から融資を受け、自分の収入や資産では返済ができない状態にあることを言います。こういった状態に陥ってしまった人のことを多重債務者と呼びます。多重債務者は、少なくても全国で150万人以上いると言われています。

多重債務に陥るきっかけは、生活のため、病気や事故などによる急な出費、計画性のないカード利用などいろいろあります。しかし、ある団体の調査によると、多重債務に陥った原因の第1位は「生活費」となっているそうです。さらに「失業」が第5位。先の見えない経済情勢による企業倒産や賃金カットなどが原因 で、多重債務に陥る人が多いというわけです。

そして、大きな社会問題になっているのは、こうした多重債務者を狙ったヤミ金融です。
よく知られているのが「整理屋」と呼ばれる手口。「複数の借金を一本化します」といううたい文句で多重債務者を集め、弁護士を紹介したりするわけですが、この弁護士がまたヤミ金融と提携しているのです。さらに「紹介屋」という手口は、金融会社をよそおって高額な手数料を騙し取る方法。いずれの手口も、多重 債務者の悩みと弱みにつけこんだ悪質なやり方で、もちろん違法です。多重債務に陥っていると冷静な判断ができない場合が多く、そのためカンタンにヤミ金融 のターゲットになってしまうのです。(※ヤミ金融の見分け方については、業界コラム2と3を参照してください)

では、もし多重債務に陥った場合、どういう法的手続きがあるのでしょうか。
任意整理、特定調停、個人再生手続き、自己破産などが一般的ですが、いずれもそれですべてカンタンに解決するというわけではありません。また、法的手続き をとった後でも、同じあやまちを繰り返し再び多重債務に陥る人も少なくありません。
大切なのは、あたりまえですが、多重債務者にならないこと。カードなどの乱用によっていつのまにか借金が膨らんだ人は、金銭感覚が麻痺している場合がほとんどです。まずは、正しい金銭感覚を身に付けましょう。

●債務の一覧表を作る
→自分がいくら借りているのか、毎月の返済金額はいくらなのかを把握する。
●生活を立て直す
→カンタンな家計簿をつけて、自分の生活を省みる。
●専門家に相談する
→一人で悩まず、手遅れになる前に弁護士や司法書士に相談する。

消費者金融の利用者の約70%が、年収500万円以下というデータがあります。生活費として、病気やケガの治療費として、また冠婚葬祭や急な出費に、手軽に借りられるキャッシングは生活を助けてくれます。しかし、それはあくまでも計画的に利用してのことなのです。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

 

公開日:2006年10月27日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑