自己破産は甘くない!

ここ最近、自己破産の件数が急激に増えています。深刻化する不況によって会社が倒産したり、収入が減ったり、また働き口が少なくなっていることも原因ですが、自己破産の手続きが広く一般に認知されてきたことも大きいでしょう。

自己破産の原因で最も多いのは生活苦や低所得によるもので、全体の60%を超えているそうです。また、失業や転職、収入の減少といった原因も急増しています。さらに30~50代の働き盛りの世代に多いことも、現在の経済情勢を反映していると言えるでしょう。

ただし、こういったやむにやまれぬ理由からではなく、安易に自己破産を考える人も少なくありません。「借金がチャラになるから」「特にデメリットはないから」「簡単にできるから」などと考えている人がいれば、それは大間違い。そんなに甘くはないのです。まず、自己破産をしてもすべての借金がなくなるわけで はありません。浪費やキャンブル、換金行為(クレジットカード買ったものを質屋などでお金に換えること)による自己破産は、原則認められません。もしこれが認められたら「遊ぶだけ遊んで借りたお金は返さない」というとんでもない行為がまかり通ってしまいますからね。
そして、借金だけゼロにして、自分の家や持ち物は手放したくないというような甘い考えも通用しません。必要最低限の生活用品以外はすべての財産を強制処分され、債権者に分配されることになります。

自己破産とは、人生を再スタートさせるための手段であり、新しく生きていくための法的手続きです。「いざとなれば自己破産すればいいや」という甘い考えでいると、やり直しがきかなくなってしまいます。自分の収入に見合った支出を心がけることが大切です。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2009年6月19日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑