デマに惑わされるな!

ヤミ金からの借り入れなど、多重債務が原因で自殺する人があとをたちません。家族を道連れにする例も多くあります。
確かに、借りたオカネは返済しなければなりません。しかし、命を犠牲にする必要はありません。そのために、さまざまな法的な手段があるのです。

借金を整理することを「債務整理」といいますが、この債務整理にもいろいろなものがあります。
もっとも知られているのが「自己破産」ですね。自己破産は、生活必需品を除いた財産を借金返済にあて、それでも残った借金は免除してもらう方法です。新しい生活を始めるための権利ともいえるでしょう。

ところが、今だにこの自己破産についてまちがった考えを持っている人が大勢いるのです。特に年輩の方に多いようです。
たとえば「戸籍や住民票に書かれる」「会社や近所に知られる」「選挙権がなくなる」「家族までカードやローンが使えなくなる」など。ほかには「年金がもら えなくなる」「旅行に行けなくなる」「住むところがなくなる」「子どもや兄弟の就職に不利になる」といったものもあります。
これらは、すべてデマです。自己破産しても、戸籍や住民票には記載されませんし、会社にも近所にも知られることはありません。そもそも、自己破産は新しい生活を始めるための手段です。会社や近所に知られたりしたら、安心して新しい生活をスタートすることはできませんよね。

ただし、自己破産は、何も手放さずに借金がなくなるというわけでがありません。もちろんデメリットもあります。例えば、持ち家や高級車などの資産は手放さなければならないし、数年のあいだは新たな借り入れをしたりクレジットカードをつくることはできません。

「自己破産は惨めだ…」そう考えて、躊躇する人もいるでしょう。けれど、よく考えてください。返済できない借金を抱え、毎日びくびくと不安いっぱいに生活するほうが、よっぽど惨めではありませんか?
デマに惑わされずに正しい情報を得て、自分がどうするべきかしっかり考えることが大切です。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2008年10月24日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑