危険ラインは150万円!?

東京のある法律事務所が、2005年11月20日までに、20~30歳代の男女を対象に「債務に関する意識調査」を行いました。

それによると、借入の総額が
「100万円未満」 40.4%
「100万円以上200万円未満」 13.1%
「200万円以上300万円未満」が8.1%
「1000万円以上」 24.5%
という結果になりました。

さらに、ヤミ金融など複数から借金している「多重債務者」73人と、借入先が消費者金融1社のみの「予備軍」227人を比較すると、予備軍の67.5%が借入額150万円未満だったのに対し、多重債務者の72.5%は150万円を超えていたというデータが得られました。
ニュースヘッドラインなどで「転落ラインは借金150万円」と紹介されたことがあるので、覚えがある人もいるかもしれませんが、それはこのアンケート結果からきているのです。

つまり、いわゆる「多重債務者」といわれる人たちの多くは、150万円以上借りているということです。一般的に、注意が必要といわれているのは、毎月の返済金額が収入(手取り)の20%を超えたときです。
では、150万円を36回払いで借り入れたとき、月々の返済金額はいくらになるのでしょう。もちろん、金利や支払い状況によって大きく変わってきますが、 だいたい60,000円~80,000円と考えておいてよいでしょう。この返済金額を収入の20%以下に抑えるためには、月々の収入は30~40万円必要と なってくるのです。

利息を払うためだけに、別の企業から借り入れをする……こうなると、多重債務者への道まっしぐらです。自分の収入と返済能力に見合った賢いキャッシングを心がけましょう。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2006年9月15日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑