子供にかかるお金①・・・出産・育児の資金は!?

●出産に必要な費用について

出産には健康審査費・入院費・分娩費等、全部でおよそ50万円必要だと言われています。
さらに、マタニティウェアや下着、赤ちゃんの肌着、哺乳瓶、紙おむつ、寝具など出産準備金や内祝い・出産祝いのお返しなどの費用も必要となってくるのでプラス10万円位は用意しておくとよいでしょう。
定期健診代・・・半年までは4週間に1度、9ヶ月目までは2週間に1度、10ヶ月以降では毎週検診に通う事になります。検診代は1度で5,000~10,000円なので出産までに全部で12回通ったとして、総額にすると70,000~120,000円にもなります。
検査費用・・・尿検査や血液検査など。羊水検査を受けると通常10万円程度かかります。
分娩・入院費・・・病院によって大きく異なりますが40万円前後が平均といえます。
マタニティ費・・・マタニティウエアや下着などが必要となります。(平均50,000円位)
ベビー用品・・・オムツやミルク、ベットや哺乳瓶や衣類など、必要なものは様々ですが、焦らずゆっくりと揃えていくといいでしょう。
内祝い費・出産祝いのお返し・・・頂いた金額にもよりますが、平均3,000~5,000円くらいが妥当です。

●育児に必要な費用について

おむつやミルクなど、赤ちゃんが生まれた後も色々とお金が必要となってきます。紙おむつだけでも約5,000円/月、年間に換算すると約 60,000円がかかるということになります。又、粉ミルク代は2,000円/月、年間に換算すると約24,000円かかります。さらに成長に応じて衣服 や食器、ベビーカーなどの購入が必要となってくるので最初の1年間で考えても最低でも15万円以上の費用を視野に入れておいたほうがいいでしょう。
<出産・育児の補助金について>
出産・育児にはお金がかかるイメージですが、 出産で、自治体などから補助金が出る制度もちゃんと整っています。
社会保険でも、国民健康保険でも、加入していれば誰でも受けられるのが「出産育児一時金」で出産した子供1人につき最低でも30万円が補助されます。
会社員、公務員と、それらを退職して6カ月以内に出産する人が対象の補助金では平均給与の約6割が支給される「出産手当金」(ただし産休中も勤め先の健康 保険料を支払っている人、勤め先で健康保険料を1年以上継続して支払っていた退職者が対象となります)や、健康保険加入者には乳幼児の医療費を援助してく れる助成制度など、いろいろな補助金があるので活用するとよいでしょう。

関連コラム
■子供にかかるお金②・・・子育ての資金は!?

公開日:2014年4月18日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑