老後にかかるお金・・・葬儀の費用は!?

「葬儀費用は想像以上にかかる」とよくいわれています。

一口にお葬式といっても現在はいろいろな形があり、かかる費用も数十万円から1千万円近くと大きな差があります。

ここでは、一般的な葬儀にかかる費用をご紹介します。

葬儀にかかる費用は、3つに分けて考えるといいでしょう。

1.葬儀費用

葬儀そのものにかかる費用です。
斎場費をはじめ、祭壇費、遺体搬送費などがかかります。

公営施設か民間施設かによって費用は変わってきます。

<斎場費>

公営 5万円~10万円
民間 10万円~30万円

<祭壇費>

祭壇費には次のようなものがあります。

15,000円~
骨壺 5,000円~
遺影 10,000円~
位牌 1,000円~
枕飾り 15,000~
供花 7,000円~

いずれも高額なものを求めると費用はかなり高くなります。
最低でも、祭壇費だけで20万円程度と考えておきたいものです。

<遺体運搬費>

遺体を病院から斎場へ運ぶほか、霊柩車、火葬場までの送迎車が必要になります。
走る距離が長くなるほど費用は高くなります。

遺体搬送・霊柩車・送迎車 80,000円~

<そのほか>

ドライアイス 1日10,000円~
火葬費 公営10,000円~/民営50,000円~

火葬費は、民営の場合は火葬が終わるのを待つ休憩室の費用がかかる場合もあります。

2.寺院費用

寺院費用とは「お坊さん」に支払う費用です。

葬儀でお経をあげてもらうための「お布施=読経代」をはじめ、戒名をつけてもらう費用、お車代などがかかります。

お布施(読経料) 150,000円~
戒名 100,000円~
お車代 実費+5,000円~

お通夜にも読経をあげてもらう場合は別途かかります。
寺院費用は地域によって差があるため、葬儀会社に聞くと相場がわかります。

3.飲食費用

通夜が終わった後の「通夜振る舞い」、火葬を行った際の初七日法要の「精進落とし」などの飲食にも費用がかかります。

親族のみで行うか、会葬者も含めて行うかによって費用はちがってきます。

通夜振る舞い ひとり2,000円~
精進落とし ひとり3,000円~

精進落としで会席膳を用意する場合は、ひとり5,000円~と考えておくといいでしょう。

そのほかの費用

<心付け>

日本では心付けを渡す風習があります。

運転手(寝台車・霊柩車・マイクロバス) 3,000円~
火葬場係員 3,000円~
休憩室係 3,000円~
近所の手伝い人 2,000円~

<香典返し>

香典返しは最近では当日返しが主流になりました。香典返しは、一般的にいただいた香典の半額といわれています。

香典返し 2,000円~

葬儀費用の平均は約200万円

日本消費者協会の調査では、葬儀費用の平均は約196万円となっています。つまり、特別盛大にしなくても200万円程度かかるということ。

葬儀にかかる項目別に見てみましょう。

1.葬儀費用 121万4000円
2.寺院費用 47万3000円
3.飲食費用 30万6000円

(日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」/2017年より)

葬儀プランで費用は変わる

近年は、一般的な葬儀以外に、家族葬や火葬式(直葬)のニーズが高まっています。

「葬儀に大金をかけたくない」と生前から自分の葬儀プランを決める人も増えています。

また、家族だけでゆっくりお見送りしたいという気持ちから、家族葬や火葬式を選ぶ遺族も多いようです。

家族葬 50万円~
火葬式(直葬) 16万円~

葬儀費用を高額にしないためのポイント!

葬儀費用が思いがけず高額にならないために、いくつか気をつけたいポイントがあります。

□葬儀社が出す見積書に注意!

葬儀社が出す見積書には、通常「葬儀費用」のみが記されています。

「寺院費用」「飲食費用」は含まれない場合がほとんどなので、よく確かめましょう。

□紹介された葬儀社とすぐに契約しない!

病院で葬儀社を紹介される場合がありますが、急かされるがまま慌てて契約しないようにしましょう。

高額になる可能性もあるため、ほかの葬儀社も検討することをおすすめします。

□安易にグレードアップしない!

故人のためにできるだけ良い葬儀をしたいと思う気持ちはわかりますが、何もかもをグレードアップすると葬儀費用は数倍にもなってしまいます。

できる範囲内の葬儀にしましょう。

公開日:2018年4月26日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑