老後にかかるお金②・・・老人ホームの資金は!?

●入居の費用について

一言で「老人ホーム」と言っても、その種類は非常に幅広いので健康状態、経済事情などに応じて、公営、民間など施設を選択することができます。
いわゆる入居一時金は100万円以内のところもあれば3000万円ちかく必要なところもあります。いずれにせよ、入居すると月々の家賃や食費などの生活費 が6~30万円、さらに介護のための様々な費用がかかるので最低でも500万円以上の資金を確保しておく必要があります。

<有料老人ホームに入居するために必要な費用の分類>

入居一時金:専用居室や共用施設を利用する権利を取得するための費用。言ってみれば、長期の家賃相当分の前払いと考えることができます。

介護費用:介護保険制度により、都道府県の事業者指定を受けたホームでは、提供される介護サービスの一部が保険の対象となります。 ただし、有料老人ホームでは介護保険ではまかないきれないサービスについて、負担する必要があります。「介護保険以外の費用の負担」については、入居時に 入居一時金とは別に支払う場合と、月々介護費として支払う場合があります。
管理費:管理費は、共用施設の維持費、介護以外の事務などの職員の人件費等、ホームの維持運営のための費用です。

食費:ホーム内での食事サービスを利用した場合に支払う費用です。 食費には、食材費の他にホームによっては厨房維持費、厨房人件費等を含めていることもあります。ほとんどのホームでは、実際の利用回数に応じて支払いをするシステムになっています。

その他費用:本人の希望による追加の有料サービスや、ホーム外のサービスを利用した場合は別途費用が必要です。

関連コラム
■老後にかかるお金①・・・介護の資金は!?
■老後にかかるお金③・・・葬儀の費用は!?
■老後にかかるお金④・・・お墓の費用は!?

公開日:2014年4月18日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑