成人してから一生を終えるまでに必要なお金は、ライフスタイルや家族構成などで様々ですが、 一般的に独身でも最低1億5千万円以上は必要と言われています。 日本人の一般的な4人家族では2億5千万円程度は必要となります。 0576

●独身でも最低1億5千万円必要

・22歳から平均年収300万円で40年勤めたとして1億2千万円 ・老後は82歳まで年金とパートで年収150万円で暮らしたとして3千万円 合計1億5千万円となります。これに突然の出費などが重なるとちょっと不安ではありますね。

●4人家族なら2億5千万円が必要

・平均世帯年収500万円で40年続いたとして世帯年収は2億円です。 ・老後は二人で20年間暮らしたとして年間250万円を年金と貯金で暮らすと5千万円 合計2億5千万円となります。子供の教育費なども考えるともう少し余裕が欲しい所でしょうか!? 上記の様なケースが全ての人に当てはまる訳ではありませんし、ライフスタイルによって考え方も様々です。 このお金の一生マネープランでは、日本人の一生で一般的に大きくお金を使うポイントを紹介していきます。 皆さんのより良いマネーライフの何かの参考になれば幸いです。

家の絵

住宅にかかるお金

→ 部屋を借りるお金は・・
→ マイホームを購入する資金は・・
→ 家をリフォームする資金は・・

結婚の絵

結婚にかかるお金

→ 挙式&披露宴の資金は・・
→ 結婚式以外に必要な資金・・
→ 結婚式費用削減テクニック・・

赤ちゃんの絵

子供にかかるお金

出産・育児の資金は・・・
nv_icon02 子育ての資金は・・・

老人の絵

老後にかかるお金

→ 介護の資金は・・・
→ 老人ホームの資金は・・・
→ 葬儀の資金は・・・
→ 墓の資金は・・・

くらべる君掲載企業
■その他目的別ローンについて

 

1 2

地震保険は必要か?不要か?大地震に備えて徹底検証!

最近、大きな地震が続いています。9月に発生した北海道胆振東部地震は記憶に新しいですよね。

大地震が起こると、建物が損壊する被害が出ますが、皆さんは地震保険には入っていますか?「地震大国・日本」であるにもかかわらず、地震保険に加入している人は思ったよりも多くありません。 続きを読む

お金がない人必見!誰でもできるお金を貯める12の方法

お金持ちになりたい。お金を貯めたい。ほとんどの人がそう思っているでしょう。
でも、貯めようと思ってもお金ってなかなか貯まりませんよね。逆に、いつも「お金がない!」と言ってはいませんか?
お金を貯める方法はいろいろありますが、まずは身近な生活習慣を変えるだけで効果があるんです。 続きを読む

死んだら借金はどうなる?エンディングノートと遺言書のちがい

「終活」という言葉とともに、注目されるようになったエンディングノート。
シニア世代だけではなく、若い世代でもエンディングノートに関心を持つ人が増えているようです。
そこで、エンディングノートの書き方や遺言書とのちがい、さらに死んだら借金はチャラになるのか?といった情報までまとめてご紹介します。 続きを読む

派遣社員のメリット・デメリット!3年ルールで雇止め?

総務省によると、日本の労働者は6621万人で、このうち派遣や契約、パート・アルバイトといった非正規雇用は過去最多の2133万人。
全体の4割が非正規雇用です。
さて、2018年10月からは派遣社員に「3年ルール」が適用され、派遣社員の働き方が大きく変わるといわれています。
そこで、派遣社員のメリットとデメリット、そして3年ルールについてご紹介します。 続きを読む

非課税世帯のメリットとデメリット「借金はできる?」「キャッシングは?」

「非課税世帯」という言葉を聞いたことがあると思います。
非課税世帯になると、国民健康保険料が減免されたり、臨時的な福祉給付金を受け取れたりと、公的な支援や優遇措置がいろいろあります。
今年度からは、返済不要の奨学金もスタートしました。 続きを読む

医療保険、入る?入らない?損をしない保険選びのポイントは?

皆さんも一度くらいは、保険の勧誘を受けたことがあるのではないでしょうか。
終わらない論争のひとつに「医療保険には入るべきか、入らないべきか」があります。
入るべき派が「人生何があるかわからないから、もしもに備えて安心を買う」と主張するのに 続きを読む

老後にかかるお金③・・・葬儀の費用は!?

「葬儀費用は想像以上にかかる」とよくいわれています。 一口にお葬式といっても現在はいろいろな形があり、かかる費用も数十万円から1千万円近くと大きな差があります。 ここでは、一般的な葬儀にかかる費用をご紹介します。 葬儀に … 続きを読む

キャッシングは何歳まできる?高齢者がお金を借りる方法です

30代や40代のうちから老後の心配をする人が多くなりました。
年金の支給年齢がどんどん引き上げられそうな気配に加え、支給金額にも不安があります。
年金でカツカツの生活の場合、お金が必要になったらどこから借りればいいのでしょう?キャッシングは何歳まできる? 続きを読む

【2017年】老後のために始めたい!誰でもわかる「iDeCo」簡単入門

2017年も残るところ1ヵ月を切りました。
12月中旬は、冬のボーナスシーズン真っただ中ですね。
さて、前回のコラムで、ボーナスを全額貯金にまわすのは、健全ではあるけれど、金持ち的思考ではないとお伝えしました。 続きを読む

「長生きしたらどうしよう!」に備えるお金の話

長寿世界一の日本!女性の平均年齢は84歳、男性は81歳です。
さらに、女性の2人に1人、男性の4人に1人が90歳まで長生きしています。
でも、老後が長いとお金が心配ですよね。
ある調査では、なんと半数近くの人が老後準備金が0円という衝撃の事実が! 続きを読む

お金に困らないために!マネープランのススメ2016

新年が始まりました。近年は景気も雇用も不安定……将来への不安はあっても、具体的に考える余裕がない人がほとんどです。ですが、せめて今年一年のマネーライフについてきちんと考えてみませんか?まずはできることから始めて、健全なマネーライフの第一歩を踏み出しましょう! 続きを読む

個性派ぞろい?ニッチ狙いのミニ保険が人気!

いま保険業界のなかで、「ミニ保険」と呼ばれる「少額短期保険」が勢いをつけています。 その理由は、掛け金が安く手軽に入れること。地震保険や賠償保険、ペット保険など種類も豊富です。 さらに、注目すべきポイントはマニアが喜びそ … 続きを読む

クレカだけじゃ生きられない!現金を持とう!

普段、支払いはクレジットカードにしている人も、お財布に現金を用意しておくのがセオリー。 クレジットカードだけに頼っていると、思わぬ落とし穴が待ち受けていることも……。 社会人の価値は、お財布と現金で決まる!? 普段、お財 … 続きを読む

大ヒット商品「遺言代用信託」とは!?

いま金融業界で注目されている商品、それは「遺言代用信託」。「生前信託」とも呼ばれ、終活ブームの後押しにより急激に契約件数を伸ばしています。 「遺言代用信託」は、自分が生きているあいだは自分を受益者(利益を受け取る人)にし … 続きを読む

賢い生活支出のススメ

「無駄使いしてないのに、給料日前はいつもピンチ」「何に使ってるかわからないけど、生活に余裕がない」……多くの人が感じていると思います。加えて、消費税が上がったことで、ますますその感覚が強くなっているようです。 続きを読む

「マイホームは資産」の落とし穴

今月、長期固定型住宅ローン「フラット35」が最低金利を更新しました。フラット35は最長35年間、金利が変わらないのが魅力。市場金利の変動を心配する必要がないため、マネープランが立てやすく、安心して返済できるメリットがあり … 続きを読む

「70:20:10の法則」で賢く生きよう!

今回は、仕事にもお金にも役立つ「70:20:10の法則」をご紹介します。新学期がスタートし、早くも2か月になりました。新社会人の方や、転職や異動をした方も、少しずつ新しい環境に慣れてきたころではないでしょうか。そんないま、ぜひおすすめしたいのが、仕事のやり方やお金の使い方についてしっかりと考えてみること。惰性で仕事をしていれば成長できませんし、なにも考えずにお金を使っていればあっというまになくなってしまいます。 続きを読む

この春、無理なく楽しく貯金を始めよう!

普段、お金に関することで腑に落ちないことはありませんか? 例えば「給料は同レベルなのに、あいつはマンションの頭金を貯めた」とか「同僚の貯金額の多さに驚いた」とか。一方の自分はというと、ほとんど貯金がない……。大きな買い物 … 続きを読む

子供の成績は、親の収入や学歴に比例する

「親の収入や学歴が高いほうが、子供の成績はいい」文科省が調査したところ、これを裏付ける結果となりました。 一例を挙げると、親の年収が最も低い340万円では子供の正答率は32%。ところが最も高い年収930万円では55%と、 … 続きを読む

【2016年】非正規労働者、必見!社会保険で損をしない働き方

2016年10月から、パートタイマーの社会保険の適用が拡大されました。
これにより、多くのパートやアルバイトが社会保険に加入できるようになりました。約25万人の人が新たに加入の対象になるようです。 続きを読む

生活保護を受けるための条件Q&A

生活保護は、すべての国民が最低限の生活を営めるようにするセーフティネット。
でも、最近は生活保護に関する穏やかではないニュースが多くなったように感じます。
例えば、生活保護の不正受給。反対に申請が却下されたため、亡くなってしまった痛ましい出来事もあります。 続きを読む

SOS!お金がないときに利用したい制度

「お金がない」と一口にいっても、いろいろなケースがあります。
たとえば、使いすぎて給料日までピンチだったり、欲しいものがあるのにお金が足りないときも「お金がない」と言いますよね。
一方、もっと深刻なケースもあります。 続きを読む

知らないと損をする「保険のからくり」

「社会人になったら保険に入るのが常識」といわれています。 確かに、病気やケガなど万が一に備えておくと安心です。 でも、毎月支払う保険料はけっこう高額で、家計を圧迫することもあります。 結局、保険に入るべきか入るべきではな … 続きを読む

子供にかかるお金②・・・子育ての資金は!?

●子供一人を大学卒業させるまでにかかる費用 子供の誕生から大学卒業までにかかる費用はすべて国・公立校に進んだ場合でも2,985万円。つまり、最低でも3,000万円以上は必要ということ になります。食費、医療費、おこづかい … 続きを読む

結婚にかかるお金①・・・挙式&披露宴の資金は!?

●ホテルウェディングの費用 関東でのホテルウェディングの平均予算は約300万円。チャペル利用料や衣装代、着付、写真などの費用がパックになった様々なパックプランを用意しているところが多い。(パックの基本料金の相場は約140 … 続きを読む

住宅にかかるお金③・・・マイホームをリフォームする資金は!?

●子供部屋リフォームについて 出産や子供の成長、自立に伴い、増改築などのリフォームが必要となってきます。 <1部屋を半分にして兄弟に別々の部屋を与える場合> 増築せずに簡単に部屋を増やす場合、電気工事や塗装工事、建具工事 … 続きを読む

結婚にかかるお金②・・・結婚式以外に必要な資金は!?

●ブライダルリング 一昔前は婚約指輪は給料の3ヶ月分とも言われていましたが、最近では婚約指輪は省略し、結婚指輪のみというカップルも多くなっています。結婚指輪の相場は二人合わせて15万円前後と言われていますが、婚約指輪を省 … 続きを読む

老後にかかるお金②・・・老人ホームの資金は!?

●入居の費用について 一言で「老人ホーム」と言っても、その種類は非常に幅広いので健康状態、経済事情などに応じて、公営、民間など施設を選択することができます。 いわゆる入居一時金は100万円以内のところもあれば3000万円 … 続きを読む

住宅にかかるお金①・・・部屋を借りる資金は!?

●入居前に必要な費用 (1) 一般的に、部屋を借りるには敷金・礼金のほかに、火災保険、不動産屋への手数料(1ヶ月分)+最初の月の家賃が必要です。関東平均8万円の家賃で月はじめからの入居で計算してみると次のようになります。 … 続きを読む

住宅にかかるお金②・・・マイホームを購入する資金は!?

●住宅購入資金について マイホーム購入時にまとめて支払う現金を「住宅購入資金」と言います。物件の種類にもよりますが、大体購入価格の25~30%に当たります。東京山手線沿線の新築マンション(3LDK)4900万円を購入する … 続きを読む

1 2
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑