お隣の国・韓国でも格差社会が深刻化

韓国といえば、携帯電話、自動車、半導体などを中心に経済成長を続けています。
昨年末には世界で9番目に貿易高が1兆ドルを超えた国となりました。猛ス ピードで貿易を拡大している韓国ですが、日経ビジネスオンラインによると、サムスン、LG、ロッテなど韓国を代表する財閥企業の利益は増えているにも関わ らず、国民の暮らしぶりが苦しくなっているというのです。

社会調査では、「自分の所得に不満」「現在の消費生活に不満」「1年前に比べて家計負債が増えた」と答えた人が増加。日本やアメリカで貧富格差が問題に なっているように、韓国でも医療保険や雇用保険の対象にならない非正規職が増えているそうです。特に、家計負債の増加が顕著で、以前は住宅ローンが多かっ たのですが、2011年は生活のために借金する人が49%にものぼりました。

銀行から融資を受けられない低所得層は、消費者金融などからお金を借ります。消費者金融の金利は銀行よりも高く、無担保融資は24.4~38.6%、担保融資は18.2%。それでも利用する人は増えているそうです。
世界規模で広がる格差社会を解決する術はあるのでしょうか。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2012年2月17日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑