年利2689%!?イギリスの消費者金融

日経ビジネスによると、イギリスでネット専業の消費者金融「ウォンガ」が急成長しているそうです。

平均的な金利は1日1%で、これを年利に換算すると、なんと2689%!ただし「ウォンガ」では、融資金額は400ポンド(1イギリスポンド=約128円)まで、融資期間は42日までとなっていて、その範囲で 顧客が自由に借入条件を決められます。そして、なによりも驚かされるのが、審査にかかる時間はわずか0.5秒、審査終了から15分以内に銀行に振り込まれ るというその迅速さです。しかし、審査はかなり厳しく、申込者の約4分の1しか融資を受けられないといいます。

実はイギリスには上限金利というものがありません。ですから「ウォンガ」の金利ももちろん合法。過去に上限金利の導入が検討されたこともありますが、業界 や専門家のほかに消費者保護の団体までが反対して、実現されなかった経緯があります。反対理由は「上限金利が導入されれば、短期資金の融資が受けられなくなる」というものです。

上限金利には、いろいろな考え方があります。それぞれの国の文化や国民性、経済力、市場などによって、良くも悪くも作用するのかもしれまんね。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2010年10月27日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑