アメリカの金融事情

サブプライムローンの問題で、何かと注目されているアメリカの金融事情。ところで、アメリカにも、日本のような消費者金融ってあるんでしょうか?
答えは「ある」と「ない」の中間くらい。ないわけではありませんが、日本のような大きな企業ではないのです。いわゆる消費者金融にあたるのが「ペイデイ・ ローン」や「チェック・キャッシング・サービス」といわれるもの。「ペイデイ・ローン」は、短期間(給料日まで)に限った融資をするシステムで、「チェッ ク・キャッシング・サービス」は、給料としてもらった小切手を現金化するシステムです。アメリカでは当座預金口座を持っていない世帯が少なくなく、当座預 金口座がないと小切手を換金できないのです。
このように無担保で小額を融資する業者はありますが、いずれもその規模は小さいものです。

アメリカでは、ほとんどがクレジットカードを利用します。アメリカにおけるクレジットカードは、その人の「信用」を意味するもので、日本の感覚とはかなり の差があります。一人ひとりにクレジットスコアというものがあり、それがその人の信用情報になります。これまでどこからどれくらい借りたか、きちんと返済 したか、延滞はないかなどが、一元管理されているのです。
クレジットスコアが高いほど有利な条件(低金利)でローンを組むことができ、低ければクレジットカードが作れなかったり、ローンを組めなかったりすることもあります。また、クレジットカードの利用限度額も、クレジットスコアで決まります。
アメリカで生活するために、クレジットカードは欠かせないといいます。そして、裕福な人ほど有利な条件でローンが組め、生活が楽になる仕組みができあがっています。お金持ちほど得をする…。このあたり、日本と似ていると思いませんか?

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2008年3月28日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑