消費者金融の比較情報

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • 収入証明不要企業一覧
  • 口座不要企業一覧
  • 一括返済可能企業一覧

消費者金融と言う言葉も馴染みが薄くなっているかも知れませんが、フリーローンやカードローンと呼ばれているローンの半分は消費者金融です。現在のキャッシングには貸金業と銀行の2業態が存在しています。個人向け無担保融資は消費者金融のみだったのが貸金業規制強化により、それまで事業リスクの高い個人向け無担保融資は避けていた銀行が国の要請も受けてカードローン事業を始めてから今の様に混在する形となっています。ですが、実際の中身は保証会社が消費者金融になっている等、銀行も消費者金融も大きな差が無いのも実態です。また、消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法という様に適用される法律も異なります。
消費者金融の一番の特徴は「個人向け無担保融資が専業商売」であることでしょう!銀行の本業はあくまで銀行業です。貸し倒れがあれば預金者へ影響が出るため、必然的に大きいリスクは好みませんし本業で十分稼いでいる為、専業で行っている消費者金融とはそこで差が付きやすいのです。中には親身に相談に乗ってくれるような消費者金融もあるので、自分に合った業者を選ぶのが一番の計画的借入とも言えるでしょう

ここでは、大手から地域密着型の消費者金融まで一覧でご確認頂けます。

消費者金融とは

消費者金融とは基本的に貸金業のことを指します。。
実は、貸金業には法的な定義があって「貸金業の規制等に関する法律」で、さまざまなことが定められています。
難しいことをヌキにすると、貸金業とは消費者(または事業者)に金銭などを貸し付けることを専門に行う金融機関のことをを指します。その為、消費者金融と言われるようになりました。
別名「ノンバンク」とも呼ばれ、融資(貸付)は行いますが、預金の受け入れは行いません。ここが、銀行や信用金庫と大きく異なるところですね。

さて、貸金業を営むためには、国(財務局)または都道府県への登録が必要です。
どこに登録するかというと、全国各地に事業展開している大手企業であれば、本店があるところの財務局長に登録します。ひとつの都道府県にしかない場合は、その都道府県知事に登録することになっています。
ただし規制がないため、登録した以外の都道府県でも営業できるのが現状です。

貸金業登録をすると、登録番号がつけられます。

「東京都知事(2)第01234号」というようなもので、3年ごとの更新が義務づけられています。
登録番号を見るとき、注意したいのは、( )の中の数字です。これは登録の回数を表しているので、この数字が大きいほど、長く営業活動を続けている金融機関ということになります。
登録番号がない金融機関は、違法な貸付を行うヤミ金融と思ってまちがいありません。絶対に手を出さないようにしましょう。

銀行とはちがって、貸金業に免許制度はありません。
基本的には、登録申請書と必要な添付書類を提出し、審査をクリアし無事に登録されると、貸金業者の仲間入りです。
ですが、貸金業登録が済んでも、信用情報機関の信用情報を照会できなければ貸金業は営めません。その為には、日本貸金業協会などにも登録する必要があります。2010年に施行された改正貸金業法により、これらの登録審査も厳しくなっており、登録後のチェックも厳格化しています。その為、1990年代には全国で3万件以上の貸金業登録も2010年には10分の一の3千件を下回りました。現在、きちんと登録して運営している貸金業者は優良な貸金業者と言って良いでしょう。

消費者金融の歴史は古い

消費者金融をはじめとする、いわゆる貸金業が始まったのはいつだと思いますか?実は、そうとう時代を遡るんです。紀元前3000年のメソポタミア文明の頃 には、麦の貸し付けが行われており、金利は年利33%ほどだったという記録があります。日本では、8世紀に麦ではなく米の貸し付けが始まり、利息は30% から、なんと100%(!)まで幅広かったそうです。

物々交換の農業経済から貨幣経済へと移行すると、いよいよ貸金業というものが本格的に登場します。鎌倉時代から室町時代にかけて、今でいう「質屋」のスタイルが確立されました。当時は「土倉(どそう)」といいましたが、物品を担保にしてオカネを貸す方法は質屋と同じです。江戸時代に入ると、「土倉」は「質 屋」と名称を代え、庶民にとってさらに身近な存在へとなっていきました。
そして同じく江戸時代、日本橋に「三井両替店」が登場し、年12~20%の利息で貸し付けを行いました。その後、利息を制限したり、反対に制限を廃止したりと、紆余曲折あったようですが、明治10年には利息制限法が制定されました。

戦後の高度経済成長期に入ると、それまで主流だった質屋の利用が減り、いよいよ「消費者金融」が本格化します。始まりは大阪で、担保や保証人がいらない個 人向けの融資としてスタートしたのです。当初は、いわゆる一流企業に勤めるサラリーマンのみを対象としていたそうです。1970年代には、サラリーマン金 融を略して「サラ金」、まちなかに事務所があることから「まち金」などと呼ばれていました。