ネット完結申込について|金融機関一覧

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • 自動車ローン一覧
  • 教育ローン一覧
  • その他目的別ローン一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧

ネット完結のメリットはその利便性以上に何といっても「家族や職場にばれない」ことでしょう!夫にばれたくない、妻にばれたくない、同居している親にばれたくない等いろいろな事情がありますよね!各社で多少の差があるにしろ、ネット完結は一切電話がかかってこないのが特徴です。このページでご紹介している企業はネット完結でも対応可能な企業をまとめました。ネット完結での振込み融資対象金融機関が200行以上のプロミスなど、どこの企業も振込み融資でしっかり対応してくれます♪免許証や収入証明などの必要書類はカメラで撮影してデータを送るので、面倒な書類作業もありません。審査状況によっては電話が必要になる人もいるのでご注意下さい!
更に、ネット上から振込み融資申し込みも可能なので、ネットで申込を行って審査通過後に指定の口座へ振込んでもらう!これが最短即日で可能なのは、個人向け融資専門として利便性向上に努めてきた消費者金融の最大の武器とも言えます。まさにネット完結キャッシングが実現されているのです!
スマートフォンの発展も後押しをして、今ではネット完結でお申込みする方も多くなっています。「電話でしゃべるのに抵抗があった」なんて人は是非試して見ては如何でしょうか。

ここではネット完結申込可能なキャッシング案件の一覧をご覧いただけます。

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

早くて簡単!いまの主流はWEB完結契約

いまのキャッシングは、スマホやPCで申し込みから契約まで行うのが主流。身分証明書などの必要書類も、アプリやメールで簡単に提出できるので、申し込んだその日に融資まで完了するのも一般的になりました。最短で30分~1時間で借りられるケースも珍しくありません。

即日融資の締め切り時間は会社によってちがってきますが、だいたい14時と見ておけばいいでしょう。ただし、場合によっては即日融資ができないケースもあるので、余裕を持って申し込むと安心ですね。

WEB完結のメリット その1会社にバレない

キャッシングをするとき、会社にバレないかどうかが不安という声を多く聞きます。
しかし、返済能力を審査する際に、実際に仕事をしているかどうか、お金を貸す企業としても確認する必要がどうしてもでてきます。

在籍確認の方法としては電話によるものになりますが、お申込み者のプライバシーを配慮し、オペレーターの個人名で電話をかけてくれます。申込者の方に電話を取り次がれた後にご本人に在籍確認の電話である旨をお伝えする時までは社名は名乗ることはないので安心です。

また、もしお申込みした方がその時に勤め先に不在だったとしても、「席を外している・外出している」等の在籍はしているが電話にはでれないということがわかればそこで在籍確認がとれたと判断してくれる会社がほとんどです。

どうしても不安が拭えないよいう方は、お申込み後すぐにフリーダイヤル等に電話をして相談してみるのもいいかもしれません。

WEB完結のメリット その2家族にバレない

家族に内緒でキャッシングしたい人は、カードなどの郵送物に気をつけなくてはなりません。
その点、アイフルはふたつのサービスを展開。ひとつが「配達時間えらべーる」で、都合のいい時間を指定して自宅でカードを受け取れる宅配便サービス。もうひとつが、無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを発行してもらう方法。

そのほかにも、モビットのパソコンやスマートフォンからご利用いただける「WEB完結」、アコムの自動契約機「むじんくん」など、自宅にカードが郵送される心配のないサービスがあります。

WEB完結でも必要書類は準備して置こう

初めてのキャッシングをスムーズに行うために、用意しておきたいものがあります。

●身分証明書
これだけです。運転免許証が基本ですが、なければ、健康保険証やパスポートでもOK。
身分証明書は本人確認をするためのもの。名前と住所を確認するので、記載されている住所と現住所がちがう場合は、もうひとつ書類が必要になります。住民票の写しや公共料金の請求書など、名前と住所が記載されているものを用意しましょう。

ただし、借入の希望金額が50万円以上の場合、また他社からの借入との合計が100万円を超える場合は、身分証明書のほかにもうひとつ書類が必要になります。

●収入証明書
収入証明書の種類は企業によってちがいますが、基本的に、源泉徴収票(最新のもの)、所得証明書(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近の2~3ヵ月分)などからいずれかひとつを用意します。

キャッシングは、借入額が50万円未満か以上かによって手間が変わってきます。手軽に借りたいのであれば、希望金額を50万円未満にするのがおすすめです。
もう一つの選択としては、総量規制の対象外となる銀行カードローンを選ぶこと最近では希望限度額500万円未満なら収入証明不要のカードローンもあるのでこちらも確認しましょう。

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。