土日・夜間対応の消費者金融・カードローンについて|金融機関一覧

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • 収入証明不要企業一覧
  • 口座不要企業一覧
  • 一括返済可能企業一覧

土日や夜間はキャッシング出来ないと思っている人も多いようですが、金融機関いよっては土日や夜間でも即日融資を行っている所もあります。各企業に寄ってバラつきはありますが、自分の生活シーンに合わせて利用してみてはいかがでしょうか

<<土日・夜間の利用方法>>
1.夜間・土日対応の振込み口座をお持ちなら即反映可能
  アコムやプロミスと言った所では、楽天銀行や三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座なら24時間振込みサービスを行っています。
2.ATM・無人契約機を利用する。
 既にカードを持っていればATMでいつでも借入できますが、持っていない場合は無人契約でカードを受け取る事で利用することが出来ます。

ここでは土日・夜間対応の消費者金融・カードローン案件の一覧をご覧いただけます。

土日の借り入れには、消費者金融系がおすすめ

カードローンでは、週末に申込みができるところはほとんどありませんので、土日に即日お金が必要な場合は、大手の消費者金融系に申込むのが一般的になっています。
PCまたは、スマートフォン、携帯などを使ってネットで申込みをして、本審査までをインターネット上で行ってもらい、無人機でカードローンを受けとる、というスタイルの業者があります。

これなら、土日祝日関係なく、いつでも融資が可能です。
ただし、だいたいの業者の場合、自動審査可能時間が9:00~21:00というケースが多いので、この時間内に申し込むようになります。一部銀行口座なら、振込み反映も出来るので、振込み希望の方は自分の口座に合わせて選びましょう!
週末は業者側の対応する人手が少ないことが考えられるので、時間には余裕をもって申し込みをすることをおすすめします。

カードを発行しておけば、あとの融資が楽々

無人契約機はもちろん、その他にもコンビニのATMや業者が提携している金融機関のATMで融資を受けることができるので、土日に出かける時に、ちょっとお金が足りない!という時や、外出先で急にお金が必要になったときにも安心です。

土日でも即日融資可能な消費者金融業者は最近どんどん増えているので、「備えあれば憂いなし」とも言いますし、今現在使う予定がなくても、一度カードを作っておくのも良いかもしれませんね。

無人契約機誕生秘話

今では、まちのあちこちで見られるキャッシングの無人契約機。実はその歴史は意外と浅く、初めて誕生したのは1993年のこと。某大手企業が、新宿と博多 に1台ずつ配置したのがはじまりでした。それでも最初の1年くらいは、あまり利用する人がいなかったようです。ところがその後、大々的にテレビコマーシャルを展開したことで広く知られるようになり、他のキャッシング企業も次々と無人契約機を導入しました。

無人契約機が支持されたいちばんの理由は、誰にも会わずに申し込める手軽さです。店頭に行って申し込むことに「恥ずかしい」「緊張する」など抵抗がある人 が多かったようですね。無人契約機がブレイクしたのは、第1号機の誕生から数年後の1997年のこと。それからの2~3年が全盛期だったといえるでしょう。

さて、ご存じの方も多いと思いますが、無人契約機はまったくの「無人」で行われているわけではありません。無人契約機が設置されたスペースには、テレビカメラがあります。別の場所にある管理センターの担当者は、そのテレビカメラを通して申込者をしっかりチェックしているというわけです。そして、申込者が書類などに記入しているあいだに、管理センターではさまざまな手続きが行われます。信用情報センターへの問い合わせ、身分証明書の確認、本人確認、住所確認、在籍確認などです。ですから無人契約機といっても、機械の向こうではリアルタイムでたくさんの人が動いていることになります。

無人契約機にまつわるエピソードとしては、無人契約機の全盛期時代、こうしたシステムを導入したくてもできない企業がありました。なんといってもコストがかかりますからね。そこでどうしたかというと、店舗のすぐ横に無人契約機を設置し、店舗にいるスタッフが審査・管理を行っていたのです。そして、申込内容 に不明点や疑問点があれば、契約機のところまで行って申込者に直接質問する‥‥なんてこともあったようです。申込者にしてみれば「アレ?無人じゃないの?」ということになりますよね。

現在では、インターネットから申し込む人がずいぶん増えました。たしかに手軽でスピーディですが、キャッシングの基本は「賢く、計画的に」です。カンタンだからといって無計画にどんどん申し込むと、あとで泣くはめになりますよ。