土日や夜間に対応している消費者金融などについて

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • 自動車ローン一覧
  • 教育ローン一覧
  • その他目的別ローン一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧

土日・祝日・夜間は大手消費者金融がおすすめ

土日・祝日・夜間はキャッシングできないと思っている人も多いようですが、平日と変わりなく即日融資を行っている企業もあります。

キャッシングが初めての方や、利用したことのない金融会社から借りたい方は、自動契約機がある大手消費者金融を選ぶのがポイントです。

自動契約機を利用すれば、土日・祝日・夜間でもすぐに借りられる可能性大です。

ここでは土日・祝日・夜間対応の消費者金融・カードローンの一覧をご覧いただけます。

土日・祝日・夜間のお申込方法

土日・祝日・夜間に即日融資を希望するときは、自動契約機のある消費者金融にまずはインターネットからお申込みをします。

そして、審査が通ってから自動契約機でカード発行を行うのがおすすめです。
自動契約機でも「お申込み→審査→カード発行」までできますが、何かと待ち時間がかかり、時間的ロスが多いため、お申込みはインターネットで行うようにしましょう。

気をつけたいのは、自動契約機の営業時間です。
企業や地域、店舗によってちがってくるので「間に合わなかった!」なんてハメにならないよう前もってチェックするのを忘れずに。

ちなみに、土日・祝日でも21時または22時まで営業している自動契約機が多いようです。

ただ、土日・祝日の場合、平日よりも時間に余裕を持ってお申込みするのがおすすめです。

というのは、土日・祝日でも即日融資ができる企業は限られるため、混雑している可能性があるからです。
自動契約機の終了時間よりも3~4時間前にはお申込みをするのが安心です。

土日・祝日・夜間の在籍確認

初めてのお申込みの場合、在籍確認がつきものです。

ところが、土日・祝日は休みの会社が多いため、在籍確認ができず、審査が平日に持ち越してしまうこともあります。

在籍確認が不安な方は、インターネットでお申込み後、フリーダイヤルに電話をして、その旨を伝えてみましょう。

なかにはフレキシブルに対応してくれる企業もあるようですよ。

あらかじめ契約しておくメリット

土日・祝日・夜間でも即日のキャッシングは可能です。

ただ、初めてのキャッシングだったり、初めての企業だったりする場合は、自動契約機の営業時間や在籍確認の問題があります。

深夜、急にお金が必要になっても借りるのはむずかしいでしょう。
そんな万が一に備えて、あらかじめ契約して、カード発行をしておくと安心です。
カードがあれば、ほぼ24時間365日、提携ATMからお金を引き出すことができます。

また、24時間365日、口座に振り込んでくれる企業もあります。その場合、口座が指定されるので、前もってチェックしておきましょう。

カード発行をしておくメリットは、土日・祝日・夜間のためだけではありません。
例えば、銀行のシステム障害でATMが使えなくなってしまうこともあります。そんなときも、キャッシングのカードがあれば慌てなくてすみますよ。

自動契約機の誕生秘話

いまでは、まちのあちこちで見られるキャッシングの自動契約機。

初めて誕生したのは1993年のこと。某大手企業が、新宿と博多に1台ずつ配置したのが始まりでした。
最初の1年くらいはあまり利用する人が少なかったようですが、大々的にテレビコマーシャルを展開したことで広く知られるようになり、ほかの企業も次々と自動契約機を導入しました。

皆さんご存じのとおり、自動契約機は「無人契約機」とも呼ばれていますが、まったくの「無人」で成り立っているわけではありません。テレビカメラを通して、別の場所にある管理センターの担当者とつながっています。申込者が書類などに記入しているあいだ、管理センターではさまざまな手続きが行われます。

「無人」を謳っていても、機械の向こうではリアルタイムでたくさんの人が動いているのです。
さて、自動契約機にまつわるエピソードとして、自動契約機の全盛期時代、コストがかかるため導入できない企業がありました。

そこで、店舗のすぐ横に自動契約機を設置し、店舗にいるスタッフが審査・管理を行っていたのです。そして、申込内容に不明点があれば、スタッフが契約機まで行って申込者に直接質問する……なんてこともあったようです。

申込者にしてみれば「無人じゃないの?」ということになりますよね。
現在では、インターネットからのお申込みが主流となりました。
ますます手軽でスピーディになりましたが、キャッシングの基本はいつの時代でも「余裕を持って、計画的に」です。