人気大物女性芸能人の起用が相次ぐレイクのCMキャラクター

レイクのCMキャラクターは人気女性タレントを起用

レイクのCMではこれまで、その当時人気を博した女性タレント・芸能人が起用されてきました。

キャッシング利用者の割合が男性が多いことから、目を引くCMになることは間違いないですし、人気女性タレントを起用することで、レイクそのもののイメージも良く感じますよね。

そんなレイクの歴代CMキャラクターをみていきましょう。

2006年4月~2009年3月 夏川純

当時、バラエティ番組にも引っ張りだこで、夏川純さんを見かけない日はないんじゃないかというくらいにテレビに出ていました。

レイクのCMで夏川さんのイメージがけっこう強い方も多いのではないでしょうか。年齢に関するニュースも世間を賑わしてましたね。

夏川さんの出演していたCMでは夏川さんがいろいろなアクシデントに遭遇しますが、事前の準備がしっかりしていてすべて解決していくというもの。

CM終盤には『事前にしっかりチェックしよう!』のキャッチフレーズとともに、夏川さんがレイクの「レ」の字をチェックボックスのチェックサインのレ点にみたてて緑のペンを振るかたちで終幕する流れのものとなっていました。

2009年4月~2012年11月 山田優

モデル業から火が付き、女優としても活躍するようになった山田さん。

男性人気はもちろんのこと、女性人気もあったため、30代女性の方ならレイクのCMで山田さんがでていたこともご存じの方も多いかもしれませんね。

この時のCMは山田優さんがゴルフや合唱等に挑戦し、「もっと余裕が欲しい!」とのコーチの言葉に、一風変わった解決策で余裕をもって問題解決していくというもの。

CM終盤には『ご利用計画にも余裕を』でしめくくるというものでした。

2012年11月~2015年1月 菜々緒

いまや女優として多くのドラマ・映画に出演して活躍している奈々緒さんですが、この方も、もともとはモデルから人気が出てテレビ等のメディアへの露出もするようになっていきました。

CMの内容はこれまでとテイストが変わり、余裕を持った返済・利用計画等のイメージCMと違い、「コンビニATMの手数料0円」や「(申し込んだ)その日にカードが受け取れる」、「スマホ完結」等、サービス内容をピックアップして商品認知度を広めようとするものになっています。

女性支持の高いモデル出身の女優さんの起用が続き、今後もモデル出身の女性タレントの起用が続くかと思われましたが、次期担当イメージキャラクターから路線が一変します。

2015年2月~ AKB48メンバー

モデル出身の女優さんの起用が続いた後に、CMキャラクターに抜擢されたのはなんとAKB48のメンバーでした。

さまざまなメンバーが出演し、それぞれ『ボクにはボクの使い方』をテーマにレイクのサービスの内容を案内しながら利用者それぞれのニーズに合わせた使用方法があることをうまく訴求している内容となっています。

初期出演メンバーは、柏木由紀高橋みなみ横山由依倉持明日香北原里英峯岸みなみの6名である。

レイクのCMをAKB48メンバーが起用されるようになってからシーズン2とでも言いましょうか、出演メンバーが大きく変わり、内容もサービス紹介のものから一転して思わず耳を傾けてしまう・目緒を向けてしまうような内容のものとなっています。

出演メンバーは前作から引き続き出演しているのは横山由依(現AKBグループ総監督)ただ一人であり、今シーズンから武藤十夢木﨑ゆりあといった若手メンバーが出演している。

横山由依「なんでもメールって編」

武藤十夢「みんな何かのパーリ―ピーポー編」

木﨑ゆりあ「バカップルなんて編」

AKBファンのみならず、今後どのメンバーが起用されていくのか、今後も目が離せませんね!

公開日:2016年6月29日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑