銀行系フリーローンについて|金融機関一覧

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • 収入証明不要企業一覧
  • 口座不要企業一覧
  • 一括返済可能企業一覧

銀行系キャッシングとは、消費者金融であっても銀行傘下の消費者金融のことを指します。債務整理が騒がれた当時の消費者金融各社は一気に資金難に陥りました。その際に銀行の傘下になり資本的安定を目指す消費者金融が多くなりました。銀行自身もカードローン業務を行っ行っているのに、消費者金融を傘下に置くメリットは何なのか!?それは消費者金融が培っている個人向け無担保融資の運営ノウハウになります。それまで、銀行は個人向け融資はほとんど行っていなかったため、審査の判断基準もノウハウも持ち合わせてはいませんでした。そこで消費者金融を傘下に置くことで、膨大な個人情報を手に入れることができ、グループの消費者金融に銀行カードローンの信用保証業務を行わせることで、銀行自体のデメリットを最小化することが出来ました。銀行系キャッシングと消費者金融や銀行カードローンとの違いは、銀行の様に資本の安定感があり、消費者金融としての「専業商売」である点が挙げられます。
更に、銀行グループである為、サービスの質向上やブランドイメージ向上も意識されがちな傾向があります。

ここでは銀行系フリーローンを一覧でご覧いただけます。

フリーローンとは

フリーローンとは、住宅ローンや教育ローンなどの用途が限られたローンとは異なり、使い道に制限がないキャッシングローンのことです。
お借入れや返済は提携している銀行やコンビニのATMから利用できることや、自動契約機やインターネットからお申込できるなど、身近なローンといえます。
フリーローンを利用するメリットとして、まず手続きが簡単であることがあげられます。
担保が必要なく、審査の手続きが簡単です。また、融資スピードも早く、金融機関によりますが即日融資が基本です。
他にも、一定期間の無利息キャンペーンや、低金利キャンペーンがあり、利用者にとって使いやすいメリットがあるのが特徴です。

フリーローンの普及は「ノンバンク」から?

「ノンバンク(non-bank)」とは、銀行や信用金庫(いわゆるバンク)などの金融機関以外で、融資やクレジット業務を行っている企業のことをいいます。
銀行が融資を行うためには預金を必要としますが、ノンバンクは預金を必要としません。「ノンバンク」の業態には、次のようなものがあります。

●消費者金融会社
●信販会社
●クレジット会社
●リース会社

「ノンバンク」がクローズアップされたのはバブル期のことです。 不動産向けの融資が盛んに行われ、 次々とノンバンクが設立されましたが、1990年に不動産向け融資の総量規制が行われてからは、業績悪化で倒産する企業も出てきました。 その一方で、独自のサービスを展開し、業績を伸ばしている企業も多く見られます。 つまり、銀行と「ノンバンク」のちがいをひと言でいってしまうと、預金業務を行っているか行っていないか、ということになります。 銀行は企業や個人などから預金を集めて、そのお金を融資の資金として活用します。対して、「ノンバンク」は、融資を行うための資金を主に銀行などから借り入れています。

フリーローンと担保ローンの違い

ローンの種類は「資産を担保にした担保ローン」と「担保の無い無担保ローン」の二つがあります。 一般的に無担保ローンは、担保ローンよりも担保が無い分利息が高くなっています。無担保ローンはその使い易さから「フリーローン」とも呼ばれて様々な用途で使われる様になっています。詳しくはフリーローンとはをご覧下さい。 担保ローンとは、既に所有している資産などの担保によって保障されているローンです。貸手のリスクが無担保ローンより低い為、多額の金額を借入でき利息も低く抑える事ができます。 不動産や自動車などが担保として使われ、金融機関や銀行は、利子や全ての該当費用を含めた、ローンが全て完済されるまで、権利書や名義を保持します。 無担保ローンで審査が通らなくても、担保があれば担保ローンなら借入が可能なことは良くあります。担保ローンをした時点から担保資産は自分だけの物ではないことを良く理解して借入を行うようにしましょう。 返済できない場合は、担保である資産は失う事になります。また、資産を売却しても担保価値が下がっていて返済できない場合(担保割れ)は、その残金不足分も返済もしなければならなくなる事を忘れずにいましょう。