その他目的別ローンについて

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • 自動車ローン一覧
  • 教育ローン一覧
  • その他目的別ローン一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧

目的別ローンは、使い道が限定されたローンのことです。

目的別ローンのなかで最も知られているのが「住宅ローン」かもしれませんね。
カードローンやフリーローンは何に使ってもOKですが、目的別ローンは「住宅」「車」「教育」など使途目的が明確に決められています。

そのため自由度が低い反面、金利が優遇されているというメリットがあります。
目的別ローンは銀行や信用金庫、消費者金融、信販会社などが扱っており、その種類はさまざまです。

<目的別ローンの例>
  • ・住宅ローン
  • ・リフォームローン
  • ・自動車ローン
  • ・教育ローン
  • ・ビジネスローン
  • ・ブライダルローン
  • ・旅行ローン
  • ・葬儀ローン
  • ・医療ローン

関連コラム
■金利で得するには!目的別ローンのメリット
■お金の一生マネープラン

ここではその他目的別ローン情報を一覧で比較します

目的別ローンの特徴

目的別ローンは、カードローンやフリーローンより金利が優遇されていることが多いため、使い道が一致しているなら利用したほうがお得です。

ただし、ほんとうにその目的に使ったのか(使うのか)どうかの確認として、領収書や見積書などの資金使途証明書の提出や、支払先への直接振込みを条件としているローンもあります。
金利は、変動金利、固定金利のどちらもあります。損をしないためにも、自分のニーズと返済プランに合ったローンを選ぶことが大切です。

担保は、無担保、有担保のどちらもあります。一般的に、有担保のほうが金利は低く、金額も多く借りられます。
また、目的別ローンは審査に時間がかかるため、即日融資を望む方には向いていません。
お申込みから融資まである程度の時間を見込んでおきましょう。

意外といろいろ使える目的別ローン
使い道が限定されている目的別ローンですが、実は思った以上にさまざまな使い方ができます。
例えばブライダルローンなら、結婚式・披露宴の費用だけではなく、新婚旅行、新居の敷金・礼金や引っ越し費用のほか、婚約指輪・結婚指輪、家具購入の費用などにも使えるものがあります。
つまり、大きな使い道は限定されていても、その範疇であれば意外とフレキシブルに使えるということ。
ただ、各ローンによって使途条件がちがうので、お申込み前にしっかり確認することが大切です。

ユニークな目的別ローンが続々誕生

最近ではさまざまな目的別ローンが誕生しています。

●空き家ローン
地方で問題になっている空き家対策のためのローンです。
空き家を解体したり増改築したりなど、空き家問題を解決したり、空き家を有効活用するために使えるローンです。

●シングルマザーローン
シングルマザー専用のローン。目的別ローンですが、子供の教育費や医療費、生活費など使い道は自由です。

●離婚ローン
離婚にかかる慰謝料や裁判などの費用に利用できるローンです。

●デンタルローン
自分の歯の治療や、子供の歯列矯正などに使えるローンです。

目的別ローンで気をつけたいポイント

目的別ローンを利用するときは、お申込みのタイミングに気をつけましょう。
カードローンやフリーローンとちがって、目的別ローンはお申込みから融資まで時間がかかります。
平均で1~2週間、場合によっては3週間以上かかることもあるので、早めにお申込みを済ませることが大切です。
一般的に、目的別ローンは審査が厳しめといわれています。
過去に債務整理をした人、またローンやクレジットカードの延滞をしたり、携帯料金の滞納をしたことがある人は審査に通らない可能性もあります。

ですから、審査に通らなかった場合のことも考えて、余裕を持って行動しましょう。
また、「目的別ローンだから金利は低い」という思い込みは禁物です。ご利用前には必ず金利を確認することを忘れずに!
なかには、目的別ローンよりも銀行カードローンのほうがお得なケースもあるので、いくつかのローンを比較して検討することをおすすめします。