カードローン一覧比較

  • 掲載一覧
  • 銀行カードローン掲載企業一覧
  • 消費者金融掲載企業一覧
  • 事業者融資掲載企業一覧
  • 銀行系フリーローン掲載企業一覧
  • ネット完結対応掲載企業一覧
  • 即日融資対応掲載企業一覧
  • 無利息(初めての人向け)対応掲載企業一覧
  • 女性向けローン掲載企業一覧
  • おまとめローン掲載企業一覧
  • 地域限定企業一覧
  • パート・バイト対応企業一覧
  • 夜間・土日対応企業一覧
  • 収入証明不要企業一覧
  • 口座不要企業一覧
  • 一括返済可能企業一覧

銀行カードローンは、その名の通り銀行が行っている個人向け無担保融資のことです。銀行が行っているので貸金業法ではなく、銀行法となる為、総量規制や収入証明書の提示義務などはありませんが、銀行によって基準を設けている場合が多いようです。また、ATM融資のみで振込み融資を行っていなかったり、自行の口座開設が必要となるなど消費者金融と比べて銀行カードローンは各社サービス内容にバラつきがある傾向があります。銀行カードローンは消費者金融とは違い「専業商売ではない」ため、金利が消費者金融よりも低く設定されている場合が多い傾向になります。また、いつも馴染みのある銀行という安心感もありますので、イザと言う時に持っていると安心なカードであることは間違いありません。
総量規制とは借り手の借入総額が年収(定期的収入)の3分の1に制限するものです。銀行カードローンはこの総量規制の対象外となっています。

ここではメガバンクから地方銀行の銀行カードローンまで一覧でご確認頂けます。

銀行カードローンの特徴は?~銀行が扱う無担保ローン。利用限度額以内なら何度でも借りられる!~

銀行のローンというと「住宅ローン」や「自動車ローン」を思い浮かべがちですが、カードローンは利用目的が定められていない無担保ローン。利用 限度額以内なら、審査なしで何度でもATMなどから借りることができます。しかも金利は低く、利用限度額は高いのですから、上手に利用しない手はありませ ん。

<意外と手軽な利用方法 ~利便性もよし!申込から返済まで、都合に合わせいろいろ選べる~

銀行カードローンは「手続きが面倒」というイメージがありますが、申込方法は意外と簡単。審査も「最短30分」と謳っているところがあるほどスピーディになっています。
申込方法は、店頭、パソコン、携帯など都合に合わせて選べます。審査には運転免許証などの身分証明書が必要で、希望金額が高い場合は収入証明書類が必要に なります。返済方法は、毎月普通口座から引き落とす方法のほか、余裕があるときはATMからの返済もできます。銀行によって異なるので確認しておきましょ う。
以上のように、銀行カードローンの利用方法や必要書類は、キャッシングを利用するときとさほど変わりはないのです。

消費者金融が審査? ~カードローンの保証会社は消費者金融のケースが多い!~

銀行カードローンを利用するには、金融機関や保証会社の審査があります。おもしろいのは保証会社が消費者金融であるケースが多いこと。例えば、三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行とセブン銀行はアコムが保証会社になっています。
また、住信SBIネット銀行のジェーシービー、みずほ銀行のオリエントコーポレーションなどクレジットカード会社が保証会社の場合もあります。

消費者金融との違いは? ~一番の違いは総量規制の対象外!年収の3分の1を超えても大丈夫~

消費者金融との最もわかりやすい違いは、総量規制(年収の3分の1までしか借りられない)の対象かどうかです。消費者金融は対象ですが、銀行 カードローンは対象外。例えば、消費者金融で年収の3分の1まで借りてしまった人は、それ以上消費者金融から借りることはできません。ですが、銀行カード ローンは総量規制の対象外なので融資を受けられる可能性があるのです。

メリットは低金利! ~条件付で加減金利が3.5%、利用限度額が700万円のカードローンも!~

銀行カードローンのメリットは、なんといっても低金利で、利用限度額が高いこと。また、利用銀行の口座の開設者や住宅ローンの利用者などを対象 に、さらに金利を引き下げるサービスを行っているところもあります。最近では利便性に力を入れているため、利用しやすいこともメリットになっています。

銀行とノンバンクの違い

ノンバンク(non-bank)」とは、銀行や信用金庫(いわゆるバンク)などの金融機関以外で、融資やクレジット業務を行っている企業のことをいいます。銀行が融資を行うためには預金を必要としますが、ノンバンクは預金を必要としません。一般的に、その分金利が高めになっていますが、審査や手続きが簡単で早いというメリットがあります。アメリカでは、銀行などの金融機関以外をすべて「ノンバンク」と呼び、日本でいうところの「ノンバンク」は「ノンバンク・バンク」と呼んでいます。

「ノンバンク」の業態には、次のようなものがあります。

●消費者金融会社
「信用」をもとに融資を行います。銀行に比べて審査や手続きが早く、生活に密着しています。
●信販会社
「信用」をもとに、商品やサービスの立て替え払いを行います。顧客は一括または分割払いで、利用した代金を後払いの形で信販会社に支払います。
●クレジット会社
クレジットカードを発行し、商品やサービスの立て替え払いを行います。顧客は、カードで利用した代金を一括または分割払いで、決められた日に銀行引き落としなどでクレジット会社に支払います。
●リース会社
品物や機械、設備などを、企業や個人に貸し出します。一般的に、長期間の貸し出しを「リース」と呼び、短期間の貸し出しを「レンタル」と呼びます。

「ノンバンク」がクローズアップされたのは、バブル期のことです。不動産向けの融資が盛んに行われ、次々とノンバンクが設立されましたが、1990年に不動産向け融資の総量規制が行われてからは、業績悪化で倒産する企業も出てきました。その一方で、独自のサービスを展開し、業績を伸ばしている企業も多く見られます。

つまり、銀行と「ノンバンク」のちがいをひと言でいってしまうと、預金業務を行っているか行っていないか、ということになります。銀行は企業や個人などか ら預金を集めて、そのお金を融資の資金として活用します。一方「ノンバンク」は、融資を行うための資金を主に銀行などから借り入れています。