アイク

1 2

2006年1月1日
アイクが、「ディック」に統合される

以降は、「ディックの歴史」を参照

2003年1月1日
アイク、CFJとの合併へ

現シティグループが提携していた消費者金融会社であるディック株式会社、アイク株式会社、株式会社ユニマットライフの3社が経営統合され、CFJ株式会社が発足した。 また、アイクはこれに伴い、CFJが展開する消費者金融ブランドの … 続きを読む

2000年1月1日
貸付残高業界6位のアイクが、シティグループ傘下となる

これは、AFCC(アソシエーツ・ファースト・キャピタル)を含む、AFCグループがフォード・モーターからシティグループへと売却されたことによるものである。

1993年1月1日
アイク、マスターカード発行の認可を取得

アイクカードサービスというグループ会社を通じて、年利29.2%のリボルビング専用クレジットカードを発行した。 2013年2月において、消費者金融業界で唯一、MasterCard Internationalのプリンシパルメ … 続きを読む

1986年1月1日
「日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス」から「アイク」へ社名変更

他の日本の消費者金融会社が覚えやすく親しみやすいような名前にするため、「日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス」から「アイク」へと社名を変更した。 参考 理解されないビジネスモデル消費者金融 P92


日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス、日本アブコ・ファイナンスを買収

米系事業者の日本における事業展開ノウハウ不足により、アメリカのアブコ・ファイナンス社などが日本市場より撤退する際、日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス(後のアイク)は債権買収を行い、規模を拡大していった。 同時期 … 続きを読む

1984年1月1日
日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス、日本ベネフィシャル・ファイナンスを買収

米系事業者の日本における事業展開ノウハウ不足により、アメリカのベネフィシャル・ファイナンス社などが日本市場より撤退する際、日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス(後のアイク)は債権買収を行い、規模を拡大していった。

1981年1月1日
日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス、日本ハウスホールドを買収

米系事業者の日本における事業展開ノウハウ不足により、アメリカのハウスホールド社などが日本市場より撤退する際、日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス(後のアイク)は債権買収を行い、規模を拡大していった。


日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス、JCFAに加盟

日本アソシエイツは、外資系消費者金融各社が撤退し始めた1981年より、国内の消費者金融会社の業界団体、日本消費者金融協会(JCFA)に加盟した。その後、同社は多重債務者問題や個人信用情報の問題解決に努めた。   … 続きを読む

1979年4月1日
日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス、第1号店がオープン

日本については、曾祖父の生まれた国という情報以外、何も知らなかったホリエ氏であったが、日本進出の話は順調に進み、東京西新橋に日本アソシエイツ・ファイナンシャル・サービス第1号店をオープンした。 開店初日には60人以上の客 … 続きを読む

1 2