アイフルの歴代CMと歴史

アイフルのキャッシング希望の方はアイフル詳細へ

アイフル株式会社 創業者:福田吉孝
1978年に、株式会社丸高として創業。
消費者金融業界4位のシェアを有した時期もあったが、強引な営業や悪質な取り立てなどの違法行為が発覚し、経営が悪化。2009年にADR(裁判外紛争解決)を申請、事業再建を図る。

1 2 3 4 5

2013年4月1日
ビジネクスト株式会社がアイフルの孫会社化

アイフルと三井住友信託銀行株式会社(旧・住友信託銀行株式会社)の合弁会社、ビジネクスト株式会社の全株式をアイフルの100%子会社であるニュー・フロンティア・パートナーズ株式会社が取得したことによって、ビジネクスト株式会社 … 続きを読む

2011年7月1日
アイフルがグループ再編を実施

2006年1月の最高裁判決がきっかけとなった過払い利息返還請求の増大、サブプライムローン問題の影響による金融不況、2010年6月に完全施行された新しい貸金業法による総量規制等といった消費者金融業の環境の変化と、厳しい経営 … 続きを読む

2010年4月1日
アイフル、大阪証券取引所市場第一部の上場廃止

株式の上場廃止には、重複上場に伴う管理業務および管理コストの削減を図るという目的があった。

2009年9月30日
アイフルは連結子会社4社をネオラインキャピタル株式会社へ売却

連結子会社4社とは株式会社ワイド・トライト株式会社・株式会社ティーシーエム・株式会社パスキーである。 当時、過払い金返還請求により消費者金融会社は資金調達が困難となり、かつ新しい貸金業法(グレーゾーン撤廃、総量規制)の完 … 続きを読む

2009年9月18日
アイフルが、ADR(裁判外紛争解決)によって事業再建を図る方針を発表

アイフル、ADR申請までの流れ。   2005年4月16日 当初、アイフルは独自のスコアリングシステムを元にした与信のノウハウを有しており、増収増益を順調に維持していたが、強引な営業や悪質な取り立てといった違法 … 続きを読む

2008年2月28日
アイフルは第三者割当による新株式を発行

第三者割当による新株式発行と同時に、新株予約権付社債の発行も開始した。 この新株式と社債の発行には、新しい貸金業法の施行に備えて、収益構造の適正化・安定化を図るという目的があった。

2007年6月27日
アイフルが執行役員制度を導入

業務執行機能のスピードアップ、権限と責任の明確化という目的があった。

2007年4月2日
アイフルが新しい経営理念を発表

2005年に取り沙汰されたアイフルとその関連会社による懲罰的・暴力的な取り立てといった法令違反の再発を防止するため、新しい経営理念「誠実な企業活動を通じて、社会より支持を得る」が発表された。

2007年3月28日
アイフルがリスク管理委員会を設置

リスクを横断的に統括管理し、リスクの未然防止および危機発生時における迅速対応のための体制強化を図った。

2006年4月3日
アイフルが株式会社AGM研究所を設立

アイフルは、グループ全体で「総合金融化」を実現するための調査・研究機関として、株式会社AGM研究所を設立した。 グループ全体として、状況によっては個社単位にて、IT技術の合点という環境変化に適時対応できるように、金融業界 … 続きを読む

1 2 3 4 5