武富士の元利用者らが55億円の賠償を求め、武富士旧経営陣を提訴

2011年12月5日

12月5日、武富士の元利用者ら約3760人が、武富士の破綻により過払い金相当額の返還が受けられなくなったことを理由に、武富士旧経営陣(20人)に対して、約55億5000万円の損害賠償を求めて、東京地裁に提訴した。
約55億5000万円という金額は、武富士を巡る損害賠償請求としては、過去最大の額であった。

武富士の詳細はこちら